転職エージェントと転職サイトの何が違う?メリデメやエージェントの賢い使い方7ステップ

転職エージェンと転職サイトの何が違う?メリデリやエージェントの賢い使い方7ステップ

転職しようとしたとき、頼れる味方になる存在のひとつが転職エージェントです。また転職サイトから次の転職先を探す人もいるでしょう。では、転職エージェントと転職サイトは、どのような違いがあるのでしょうか。

この記事では、転職エージェントと転職サイトの違いおよびそれぞれの利用メリット・デメリットを紹介し、転職エージェントの賢い使い方について詳しく解説します。転職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ITエンジニア転職なら社内SE転職ナビ

社内SEの転職を検討しているなら、案件数業界トップの「社内SE転職ナビ」がおすすめです。保有案件は10,000件以上の中から、IT業界に詳しいエージェントが面談を通して、幅広い職種から自分に合った求人をご紹介。入社後の定着率も96.5%とマッチングには自信があります。社内SEへの転職に興味がある方は、ぜひ1度ご相談ください。

この記事の目次

転職エージェントとは?転職サイトと何が違う?

転職エージェントとは?転職サイトと何が違う?

転職エージェントは個人のキャリアや希望・能力を踏まえた上で、直接的に個別のサポートを行います。一方、転職サイトは自ら求人情報を検索し、応募する仕組みです。

ここでは以下の2点について、さらに詳しくみていきます。

  • 転職エージェントと転職サイトの違い
  • 転職エージェントと転職サイトの併用がおすすめ

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントは転職希望者に対し、個別のサポートを提供するサービスです。一人一人の経歴や希望に基づいて最適な求人を提案してくれます。さらに履歴書や職務経歴書の添削や面接対策といった転職活動全般のサポートを受けることが可能です。

一方で転職サイトは、求人情報のデータベースとして機能し、転職希望者が自ら求人を検索し応募するシステムです。多くの情報から自分に合った求人を探せる自由度が高い一方で、転職活動の各ステップは基本的に自己管理となります。

転職エージェントと転職サイトの併用がおすすめ

転職エージェントは専門のキャリアアドバイザーが一対一でサポートを行い、求人紹介から面接対策、入社後のフォローアップまで幅広いサポートが受けられます。転職サイトは数多くの求人情報が公開されており、転職希望者自身で求人を検索し、応募することが可能です。

より効率的に、かつ結果が出せる転職活動をするには、これら2つのシステムの併用がおすすめです。

転職サイトで見つけた情報と転職エージェントから提供される情報を比較し、選択肢を広げることができます。また併用することで、自分では見つけられなかった求人情報にアクセスできる可能性が高まります。

それに加えて、転職エージェントのキャリアアドバイザーによる個別のサポートを受けることで、履歴書の添削や面接対策などにより転職活動の質を向上させることが可能です。

転職エージェントの利用メリット・デメリット

転職エージェントの利用メリット・デメリット

ここからは、転職エージェントを利用する以下のメリットとデメリットについて、詳しくみていきます。メリットとデメリットを把握し、自分に合っているかどうかを確認する際の参考にしてください。

  • 【メリット1】担当のキャリアアドバイザーが企業との調整をしてくれる
  • 【メリット2】非公開の求人情報が入手できる
  • 【メリット3】書類選考が比較的通りやすい
  • 【メリット4】フリーランスの求人も扱っている
  • 【デメリット1】登録してから求人への応募まで時間がかかる
  • 【デメリット2】自分のペースで求人を探せないことがある

【メリット1】担当のキャリアアドバイザーが企業との調整をしてくれる

転職活動で企業と対面する際には、さまざまな調整が必要です。具体的には、面接の日時設定から企業が持つ具体的なニーズの理解、時には条件交渉といったことが挙げられます。

この調整において、キャリアアドバイザーが果たす役割は非常に重要です。

キャリアアドバイザーは企業の採用担当者との関係を既に築いていることが一般的です。その信頼関係をもとに求職者が希望する条件や疑問点について、適切かつ効果的に企業側と調整を行ってくれます。

これにより、求職者は自身のキャリアにぴったり合うポジションへと進むことが容易になり、時には面接の際に有利になるような内部情報を得られることもあります。

【メリット2】非公開の求人情報が入手できる

転職市場には、Webサイトで一般に公開されている求人だけではなく、非公開で募集されている求人が多数存在します。

これらの求人情報は、企業側が特定の条件を満たした候補者を求めている場合や採用プロセスを公にできない理由がある場合に非公開とされているようです。つまり転職エージェントを通じてのみアクセスできるのです。

転職エージェントに登録し、プロのキャリアアドバイザーに自分の希望や条件を伝えることで、これらの非公開求人情報を入手できます。転職エージェントを利用することで、一般の求職者が知り得ない、より質の高いもしくは条件の良い仕事に出会える可能性が広がるのです。

【メリット3】書類選考が比較的通りやすい

転職エージェントを利用する際の大きなメリットの一つが、書類選考が比較的通りやすくなることです。これは専門のキャリアアドバイザーが、求職者の履歴書や職務経歴書を事前にチェックし、必要に応じてブラッシュアップを行ってくれるためです。

その結果、企業の求めるスキルや経験がうまく表現されるようになり、書類選考を通過しやすくなります。また、転職エージェントが持つ業界や企業の詳細な情報に基づいて、応募書類を最適化することで、応募者がその企業のニーズに合った内容でアピールできるようにサポートします。

これにより、応募者の隠れた魅力や能力が企業にしっかりと伝わるのです。

【メリット4】フリーランスの求人も扱っている

転職市場において、フリーランスの求人は日々増加しています。しかしフリーランスの仕事は、一般の求人サイトではなかなか見つけられないことがあります。

転職エージェントは公開されていないフリーランス向けの求人情報も豊富に取り扱っており、フリーランスとして活躍したい人にとって貴重な情報源となり得るのです。

フリーランス向けの求人を扱っている点は、転職エージェントの『アイムファクトリー』ならではのメリットです。

通常、フリーランスの仕事を探すのは一般の転職サイトや求人情報だけでは難しいことがあります。しかし『アイムファクトリー』は、フリーランスとして活動する上で必要な幅広い分野の求人を豊富に扱っており、特にIT・Web系の仕事に強みを持っています。

【デメリット1】登録してから求人への応募まで時間がかかる

転職エージェントのデメリットは、登録してから実際の求人応募までに時間がかかる点です。

転職エージェントに登録した後、希望条件や経験・スキルの確認を目的とした面談が設定されます。ただし場合によっては、面談の設定や求人の紹介に時間がかかることがあるのです。

これは転職エージェントが持つ求人情報の中から、利用者一人ひとりの条件にマッチした最適なオファーを見つけ出す作業に時間が必要だからです。また、応募先企業の選考スケジュールにも左右されます。

この期間中は、面接対策や応募書類の準備など、転職活動に向けた事前準備をしておくことをおすすめします。

あわせて読みたい
自己分析のやり方|転職を成功させる5つのステップ 転職活動を始める前に、自己分析をする方も多いですが「具体的な自己分析のやり方がわからない」と頭を抱える方も多いのではないでしょうか。本記事では転職を成功させ...

【デメリット2】自分のペースで求人を探せないことがある

転職エージェントのサービスを利用すると、豊富な求人情報や専門的なアドバイスを受けることができます。しかしその反面、活動のペースを自分でコントロールしにくい側面もあります。

特に自分の希望条件やキャリアプランに完全に合致する求人が見つかるまで、じっくりと検討したい方もいるでしょう。そういう方にとっては、エージェントから提示される求人や面接のスケジュールに追われ、ストレスを感じることがあるかもしれません。

自分自身のペースを優先したい場合には、転職サイトの自由な検索機能を利用するなど、転職エージェントとほかの方法を併用することをおすすめします。活動の質と速度のバランスを見つけることが重要です。

転職サイトの利用メリット・デメリット

転職サイトの利用メリット・デメリット

ここからは、以下のような転職サイトの利用メリットとデメリットを詳しくみていきます。

  • 【メリット1】転職活動が自分のペースで出来る
  • 【メリット2】求人掲載料がかかるため採用に積極的である
  • 【デメリット1】選択肢が多く自分に合った求人を探すのが大変である
  • 【デメリット2】書類添削や面接対策などのサポートがない

【メリット1】転職活動が自分のペースで出来る

転職サイトを利用する一番のメリットは、圧倒的な柔軟性の高さです。好きな時に好きな場所から求人情報を検索でき、興味がある求人に対して自分のタイミングで応募できる自由度があります。

これにより、現在働いている人でも仕事終わりや休日を活用して、無理なく転職活動を進めることが可能です。また、転職エージェントのように面談のスケジュールを合わせる必要がなく、直接企業へ応募できます。

自分で応募文書を準備し、選考過程を管理するため、自分自身の意志で転職活動を進めたい方にとっては大きなメリットです。

【メリット2】求人掲載料がかかるため採用に積極的である

転職サイトに掲載される求人情報は、企業が高額な掲載料を支払って掲載されています。つまりその求人情報を通じて採用に成功しなければ、企業にとっては大きな損失となります。

この事実は、求人を出している企業が該当のポストを埋めることに積極的であることを意味しているのです。また掲載料を支払ってまで人材を求める企業は、そのポジションに対して真剣に採用を検討しており、良質な環境を提供しようと考えている場合が多いです。

転職者にとって、転職サイトに掲載されている求人情報は、そうした背景からも信頼性が高いと言えるでしょう。より確実にキャリアアップやキャリアチェンジを叶えるための有力な選択肢となり得ます。

【デメリット1】選択肢が多く自分に合った求人を探すのが大変である

転職サイトに掲載される求人数は、数千から数万件に及びます。これらの求人情報は多岐にわたる業種や職種などの条件から成り立っているため、転職希望者が「選択肢が多すぎて選べなくなる」リスクを引き起こす原因となるのです。

利用者は自分の希望する条件や職種、業種に即した求人を見つけ出す作業に時間を費やすことになり、それがストレスに感じられるケースもあります。また、数多くの求人の中から自分に適した求人を探し出す過程で、見落としや誤った判断をするリスクも高まります。

このような点から、選択肢の豊富さは転職サイトの大きなメリットであると同時に、利用の際には注意を要するデメリットともいえるのです。

【デメリット2】書類添削や面接対策などのサポートがない

転職サイトを利用するデメリットの一つが、個別の書類添削や面接対策といったサポートが提供されない点です。これは転職エージェントのサービスと大きく異なります。

転職サイトでは求人情報の検索や応募は容易に行えますが、応募書類の作成や面接の準備といった転職活動の具体的なプロセスに対しては、基本的に自己責任となります。そのため、転職活動の成功へ向けた個別の指導やアドバイスを受けることはできません。

特に職務経歴書の書き方や面接時の回答方法など、自身で準備を進める中で不安を感じる部分について、具体的なフィードバックを得ることが難しくなります。

転職エージェントの賢い使い方|7ステップ

転職エージェントの賢い使い方|7ステップ

ここからは、転職エージェントの賢い使い方を、以下の7ステップにわけて詳しく解説します。

  • 【ステップ1】面談までに職務経歴書を準備しておく
  • 【ステップ2】転職理由など正直ベースで話す
  • 【ステップ3】応募書類の添削を受けて通過率を上げる
  • 【ステップ4】本番を想定して面接対策をしてもらう
  • 【ステップ5】面接前に企業の課題や悩みをリサーチしておく
  • 【ステップ6】面接で不採用でも理由を聞いてもらう
  • 【ステップ7】内定後に採用条件など聞きにくいことを代わりに聞いてもらう

【ステップ1】面談までに職務経歴書を準備しておく

転職エージェントを賢く活用するための第一歩は、面談までに職務経歴書を準備しておくことです。転職エージェントは、求職者が希望する職種や業界、また求職者のスキルや経験を理解するために職務経歴書を必要とします。職務経歴書を確認することで、最適な求人を提案できるのです。

職務経歴書とは求職者の経歴を詳述した文書で、これまでの職務内容や成果、スキル、資格などを記載するものです。転職エージェントとの面談前に職務経歴書を準備しておくことで、具体的なキャリアプランの策定や適切な求人の紹介をスムーズに進められます。

あわせて読みたい
職務経歴書の書き方|テンプレートダウンロード 職務経歴書とは、履歴書だけでは分からない業務内容やスキルをまとめた書類です。採用担当者は職務経歴書をもとに、応募者の経歴とスキルをチェックするため、転職活動...

【ステップ2】転職理由など正直ベースで話す

転職エージェントは、個々の求職者と企業をマッチングする役割を担っています。そのため、求職者は以下のような具体的な情報を共有する必要があります。

  • どのような職種に興味があるのか?
  • どのようなスキルを持っているのか?
  • 何を目指しているのか?

求職者から具体的な情報の共有があることで、最適な企業を紹介できるのです。

また転職理由を正直に伝えることによって転職エージェントは、求職者の希望や要望を理解し、それを元にした具体的なアドバイスを提供できます。

たとえば、求職者がスキルアップを目指しているのであれば、希望に適した研修制度を持つ企業を紹介できます。より良い待遇を求めているのであれば、見合った企業を提案可能です。

【ステップ3】応募書類の添削を受けて通過率を上げる

転職エージェントには、多くの専門的な知識と経験を持つキャリアアドバイザーがいます。キャリアアドバイザーは求職者の経歴書や職務経歴書を見て、より良い形にブラッシュアップするためのアドバイスを提供します。

キャリアアドバイザーの添削サービスは、自分で書類を作成し、自己PRを考えるのが難しい求職者にとって大きなメリットです。自己PRの内容や書き方や書類のフォーマットなど、専門的な視点からアドバイスをもらえるため、通過率が高まる可能性があります。

【ステップ4】本番を想定して面接対策をしてもらう

本番を想定して面接対策をしてもらうことは、転職エージェントを活用する大きなメリットです。自己分析や自己PRの作成、そして企業分析を踏まえた面接対策をプロの視点から導いてもらえます。

転職エージェントは企業の情報を詳しく把握しており、求職者のスキルや経験、希望などに合った企業を紹介してくれます。さらに面接の際には、実際の面接を想定したロールプレイを行い、フィードバックを提供してくれます。これにより、面接の成功率が上がるメリットを得られるのです。

【ステップ5】面接前に企業の課題や悩みをリサーチしておく

面接前に企業の課題や悩みをリサーチしておくことは、個々の企業のビジネス環境や業界動向を理解する一助となります。自分がその企業にどのように貢献できるかを具体的に示すための重要なステップです。

企業の課題や悩みを把握するためには、企業の公式Webサイトやニュースリリース、SNS、業界レポートなどの情報源を活用する方法がおすすめです。これらの情報から、企業のビジョンや戦略、成長計画、競合他社との位置付けなどを読み取れます。また、企業が直面している課題や問題点、将来的なリスクなども見えることがあります。

【ステップ6】面接で不採用でも理由を聞いてもらう

転職エージェントの賢い使い方として、面接後のフィードバックの活用は重要です。

「面接で不採用になった原因は何だったのか?」という疑問を持ったとしても、直接企業に問い合わせることは難しい場合がほとんどです。しかし転職エージェントの力を借りることで、不採用の理由を企業から聞き出すことが可能になります。

エージェントを通じてフィードバックを得ることで、自分がどの部分を改善すべきかを知ることができ、次回の転職活動に活かせるのです。また、自己分析の視点を深め、自身の強みや弱みをより理解できます。

【ステップ7】内定後に採用条件など聞きにくいことを代わりに聞いてもらう

転職エージェントの賢い使い方のひとつが、内定後に採用条件などを代わりに確認してもらうことです。たとえば具体的な給与や勤務時間、休暇制度、昇進制度などを求職者に代わって企業に確認してくれます。

また転職エージェントは、企業の裏事情も把握しているため、公にはなっていない情報も教えてくれることがあります。これにより求職者は自身の転職における判断をより正確に、そして自信を持って行うことが可能です。

転職エージェントサービスの流れ|キャリア面談

転職エージェントサービスの流れ|キャリア面談

ここからは転職エージェントサービスにおける、キャリア面談の流れを詳しく解説します。具体的には、以下の5つのステップがあります。

  • 【ステップ1】キャリアについてカウンセリング
  • 【ステップ2】転職先のご要望についてカウンセリング
  • 【ステップ3】マッチする求人企業のご提案
  • 【ステップ4】今後の進め方をサポート
  • 【ステップ5】条件調整を行い内定獲得

これから解説する『転職エージェントサービスの流れ』は、すでに転職の意思が固まっていたり、転職先のイメージがある程度決まっている方向けの『キャリア面談』です。

そのほかに、まずは情報収集したい方向けの『カジュアル面談』遠方より電話やビデオ通話等で行う『オンライン面談』があります。ご希望の方は『社内SE転職ナビ』をご参照ください。

【ステップ1】キャリアについてカウンセリング

キャリア面談では、現在の職場での状況や経験、今後のキャリアビジョン、希望する業界や職種、理想の勤務地や待遇等について詳しく話すことが求められます。

エージェントからは市場の動向、求人情報、企業の評判や裏事情など、転職活動に役立つ情報が提供されます。その情報を参考に求職者は、自身のキャリアパスを明確にし、より具体的な転職計画を立てることができるのです。

このキャリア面談は、転職エージェントを利用する最大のメリットであり、転職サイトとの大きな違いの一つです。キャリア面談を通じてエージェントが提供する個別対応は、転職成功への大切な一歩となります。

【ステップ2】転職先のご要望についてカウンセリング

転職エージェントサービスの流れにおけるキャリア面談では、転職先の要望についてカウンセリングが行われます。

この段階で、転職エージェントとして勤めるキャリアコンサルタントが求職者の現在の職務経験、スキルセット、今後のキャリアプランに関する詳細な情報を収集します。その後、具体的な転職活動の方向性を決定するのです。カウンセリングを通じて、求職者の強みや特技、価値観や働き方に関する希望を深掘りし、それに最もマッチする職場環境や企業文化を持つ求人を探し出します。

キャリア面談では、ただ職を変えるだけではなく、求職者にとって理想的なキャリアを築くための土台作りが行われるのです。

【ステップ3】マッチする求人企業のご提案

転職エージェントでは、キャリア面談後、求職者にマッチする求人企業の提案が行われます。

転職エージェントは、まず求職者自身のキャリアに関する深い理解をもとに、市場で利用可能な求人の中から最適なものを選別するのです。求職者の志向性や価値観に合った企業文化、求める役割や責任、キャリア発展の可能性がある業種や職種を特定します。

これらの要素を踏まえ、「企業ごとの特性やチームの雰囲気」、「ポジションの詳細」など、生の情報を基にした提案を行い、求職者が情報に基づいた選択をできるようにサポートします。

【ステップ4】今後の進め方をサポート

キャリア面談は、転職エージェントが提供するサービスの中で非常に重要な一環です。専任のキャリアアドバイザーが求職者の経験、適性、キャリアの希望を詳しくヒアリングします。

面談を通じてキャリアアドバイザーは、求職者のこれまでの経歴だけでなく、将来のビジョンや働き方の希望についても理解を深めます。この深い理解を基に、適切な求人を選定し、求職者が知らなかった新たなキャリアの可能性も提示してくれるのです。

また、応募企業が求める人材として求職者がどのように自己PRをすれば良いか、面接時のポイントなどもアドバイスします。このように転職活動全般にわたり密にコミュニケーションを取りながら進めていきます。

【ステップ5】条件調整を行い内定獲得

転職エージェントを利用して内定を獲得する過程には、条件調整の段階が不可欠です。転職エージェントは、求職者と企業の間で最適なマッチングを図り、求職者が望む条件に可能な限り近づけるよう両者の橋渡しをします。

この時、転職エージェントは求職者から聞き取った希望条件をもとに、給与や勤務時間、待遇の交渉を代行するのです。

内定後の条件調整では、転職エージェントが大きな役割を担います。彼らの専門知識と経験、企業との良好な関係が、求職者が望む条件を実現させるカギとなります。

自分だけでは気づかない待遇面の交渉ポイントや、企業文化に合った交渉方法など、プロフェッショナルならではのアドバイスが受けられるのです。これにより求職者は、より良い職場環境でのスタートが切れる可能性が高まります。

内定をもらったらすぐに現職での退職交渉が必要になります。

あわせて読みたい
退職交渉のポイントと成功への道|10ステップ 転職先が決まったら、現職の会社と退職交渉をします。しかし、退職の交渉の具体的な方法が分からず、不安を抱える方も多いのではないでしょうか。 退職交渉をスムーズに...

IT業界の求人なら社内SE転職ナビ

IT業界の求人なら社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビでは、無料会員登録するだけで社内SEの求人を紹介してくれます。社内SEの求人には自社開発からシステム部門までさまざまな求人があり、自分にあった求人を自力で探すのは大変です。

社内SE転職ナビは社内SEに特化した転職エージェントで、自分にあった求人情報を提案してもらえます。また、平均紹介求人が25.6社と、手厚いサポートを受けながら安心して転職活動を行えるのも魅力です。

個人にあった企業を紹介してもらい、転職を成功させたい方はぜひ登録だけでもしましょう。

社内SE転職ナビが選ばれる5つの特徴》

提案社内SE求人 平均25.6社
保有求人10,000件以上
入社後の定着率96.5%
業界TOPクラスの社内SE求人保有
IT業界に詳しいコンサルタントと面談
内定率がグッと上がる職歴添削、面接対策が好評

まとめ

エージェントサイト違いまとめ

転職エージェントは、キャリアアドバイザーのカウンセリングや書類作成のサポート、条件交渉の代行などを依頼できる点が特長です。一方の転職サイトは、自分のペースで求人を探して転職活動を進められます。

この記事で紹介したこれら2つの転職にまつわるサービスの特長を参考に、自分にあった転職サービスを利用して、転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

転職エージェンと転職サイトの何が違う?メリデリやエージェントの賢い使い方7ステップ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事の目次
閉じる