転職に有利なタイミングは?おすすめの時期や年代|転職してよかったこと5選

転職に有利なタイミングは?おすすめの時期や年代|転職してよかったこと5選

転職は、人生の大きな決断のひとつです。自身のキャリアを見つめ直し、新たな環境でスキルアップを目指すには最適な時期があります。

この記事では、エンジニアにとって有利な転職のタイミングと、おすすめの時期や年代を解説します。今のキャリアに迷いを感じている方や転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ITエンジニア転職なら社内SE転職ナビ

社内SEの転職を検討しているなら、案件数業界トップの「社内SE転職ナビ」がおすすめです。保有案件は10,000件以上の中から、IT業界に詳しいエージェントが面談を通して、幅広い職種から自分に合った求人をご紹介。入社後の定着率も96.5%とマッチングには自信があります。社内SEへの転職に興味がある方は、ぜひ1度ご相談ください。

この記事の目次

転職に有利な時期は?どのタイミングがおすすめ?

転職に有利な時期は?どのタイミングがおすすめ?

ここからは転職に有利な時期のうち、以下の4つのタイミングについてみていきます。

  • 【時期】企業が求人を増やす1~3月、7~9月
  • 【時期】ボーナス直後の6・7月、12・1月
  • 【スキル習得】転職先にアピールできるスキル習得後
  • 【仕事の区切り】プロジェクト終了後

【時期】企業が求人を増やす1~3月、7~9月

転職を考えるとき、市場の動きに合わせて行動することが重要です。特に企業が新たな人材を求める時期を押さえることは、転職活動の成否に直結します。

一般的に4月と10月は、企業の半期の区切りです。特に4月は、多くの企業で新年度が始まるタイミングになります。そのため1~3月および7~9月は、企業が次年度の体制強化や新プロジェクト立ち上げに向けて、積極的に新しい人材を探し始める時期と言えます。

一方3月や9月は年度末や半期末であり、企業側も人事異動や業務の引継ぎなどで忙しくなるため、求人活動が一段落するでしょう。転職を考えているならば、この時期の少し前、つまり1月や7月から転職活動を始めることが推奨されます。

【時期】ボーナス直後の6・7月、12・1月

転職のタイミングを考えるうえで見逃せないのが、ボーナス支給のタイミングです。多くの企業では、6月と12月にボーナスが支給されます。ボーナスを受け取ってから退職することで、金銭的なメリットを最大化できます。

ボーナス後の7月や1月は、求人数も増加傾向にあります。企業側が新たな人材を迎え入れる準備を進めているタイミングだからです。この時期に転職活動を始めることで、スムーズに次の職場へ移ることが可能です。

ただしボーナス支給後すぐに退職すると、企業側に不信感を与える可能性があります。ボーナスを受け取ったあとは、一定期間勤務を継続するなどの配慮も必要です。自身のキャリアプランと企業貢献をバランスよく考えながら、最適なタイミングを見つける必要があります。

【スキル習得】転職先にアピールできるスキル習得後

転職市場において、技術的なスキルや専門知識は重要です。身につけたスキルが転職先で活かせることを明示すれば、採用担当者にとって魅力的な候補者となります。

転職を成功させるには、過去の経験やスキルを具体的にアピールしなくてはいけません。習得したスキルが、転職先の企業での業務に直接関連するものであれば、希望する職種や業界への転職を実現する上で大きなアドバンテージとなります。

また新たにスキルを習得したいという動機も、転職先企業に好印象を与えます。学ぶ意欲が高く自己成長を続ける姿勢は、多くの企業が求める人材像と一致するのです。

技術的なスキルだけでなく、コミュニケーション能力やチームワークを促進する能力など、複数のスキルを持ち合わせていることが、転職市場における自身の価値をより高めることにつながります。

【仕事の区切り】プロジェクト終了後

現在の職場で進行中のプロジェクトがある場合、転職のタイミングとしてベストなのは、プロジェクト終了後です。プロジェクトの途中で抜けてしまうと、チームメンバーに迷惑をかけてしまうことになるため、よくない印象を与えてしまいます。

また進行中のプロジェクトを途中で抜け出したことは、転職先の企業にもよくない印象を与えます。プロジェクト終了後に転職できるようにタイミングを合わせた方がよいでしょう。

一方でプロジェクト終了後、という仕事の区切りのタイミングで転職すれば、責任感のある人物として評価されます。プロジェクト成功のために尽力したことをアピールすることで、採用担当者によい印象を与えられます。

転職を成功させるには自身のキャリアを見据えつつ、適切なタイミングを見計らうことが大切です。プロジェクトの完了時期が確定してから、転職活動を始めるのがおすすめです。

転職に有利な年代は?どのタイミングがおすすめ?

転職に有利な年代は?どのタイミングがおすすめ?

適切な時期に転職活動をすることで、キャリアの可能性を広げ、よりよい結果が得られます。しかし年代や経験によって、おすすめの転職時期は異なります。こちらは、転職成功者の年代別割合における2022年と2023年を比較したものです。

引用:転職成功者の平均年齢調査【最新版】 |doda(デューダ)

20代は、キャリアを形成する重要な時期です。入社1年未満の転職は避けたほうがよいといわれています。新卒のうちに早期離職すると、転職市場での印象がよくない可能性があるためです。

しかし3年未満であれば第2新卒と見なされ、未経験分野でもチャレンジしやすい時期といえます。この時期の転職は、ポテンシャルを見込んで採用する企業も多く、積極採用を行っている大手企業も少なくはないです。

20代の転職は、将来的に長く働ける場を見つける絶好の機会となり得ます。

30代になると、マネジメント経験や専門スキルが求められる傾向にあります。この年代での転職はこれまでの経験を活かし、キャリアアップを目指す絶好のチャンスです。

マネジメント経験があれば、その経験を活かしリーダーとしての役割を目指せます。経験がない場合でも、専門スキルを活かし、新しい環境でさらなる成長を目指すことが可能です。

30代の転職は、計画的にキャリアの方向性をしっかりと定めることが重要となります。

40代になると、フリーランスや独立といった選択肢が増えてきます。しかし、収入が安定する転職をおすすめします。また40代の転職では、これまでの経験や人脈を活かしやすい業界や職種を選ぶことが成功の鍵です。

また現段階での専門知識を深めるか、管理職やコンサルタントとしてのキャリアを検討するのもひとつの方法です。年齢だけを理由に転職が不利になることは少なく、むしろ豊富な経験が強みとなります。

転職は自身が何を目指しているのか、自らのスキルや経験をどのように活かせるかを考えるよい機会です。転職を検討する際は複数の情報源を参考にし、自身でしっかりと調べることが大切です。

あわせて読みたい
転職活動中は何社応募してる?|転職に成功した人の平均応募社数 これから転職活動を始める方は、何社に応募したらいいのかと迷っている方も多いのではないでしょうか。この企業に就職したい!と1社に決めて応募する方がいいのか、複数...

転職を考えたその瞬間5選

転職を考えたその瞬間5選

ここからは転職を考えた以下の5つの瞬間について、具体的に紹介します。どのようなときに人が転職を検討するのかを知ることで、自らを振り返るよい機会になるでしょう。ぜひ参考にしてください。

  • 今の会社でキャリアアップを望めないと感じた
  • 会社への先行き不安を感じた
  • 知人や企業などから誘われた
  • 職場の人が辞めて転職することを知った
  • 給与に不満がでてきた

今の会社でキャリアアップを望めないと感じた

転職を考える瞬間のひとつが、今の会社でキャリアアップを望めないと感じたときです。自己成長やキャリアアップを重視する方にとって、現在の職場での成長限界を感じ取ることは、新たなステップへの大きな動機になります。

挑戦の機会が見込めない、または自身のスキルや経験を活かしきれない環境に気づいたら、転職を真剣に考え始めるサインです。

キャリアアップの機会が限られている、もしくはキャリアプランと現在の立場が隔たりがあると感じたときに外部へ目を向けることは、理にかなっています。とくに明確なキャリアの目標がある場合には、転職は新しい機会を提供してくれる可能性があります。

このような瞬間こそが、転職において新たな一歩を踏み出す絶好のタイミングです。

会社への先行き不安を感じた

今の職場に先行き不安を感じたときは、転職を考慮すべきタイミングのひとつです。具体的には会社が経営不安や業績不振に陥っている、といったケースが想定されます。

また業界の縮小や技術の遅れなど、外部環境の変化が自身のキャリアに大きな影響を及ぼす可能性がある場合も、転職を考えるタイミングです。さらに会社の将来性ではなく、自身のキャリアプランに不安を感じることも転職を考えるべき瞬間です。

たとえば自身のスキルが市場での需要と合っていない、あるいは今後のキャリアアップの機会が見えないといった状況をさします。これらは新しい環境を求め、自らのスキルやキャリアアップの可能性を広げる好機といえます。

知人や企業などから誘われた

転職を考える際に、知人や企業からの誘いがきっかけとなることがあるでしょう。転職の直接的なオファーは転職の絶好の機会であり、第三者からの客観的な評価や信頼を得ていることにより、前向きに受け止められます。

とくにオファーが自身が目指す業界や専門分野からのものであれば、キャリアアップに直結する貴重な機会です。ただし、このような誘いにすぐ飛びつくのは危険も伴います。誘いを受けたからといって、その転職先が自身のキャリアプランや将来の目標に合致しているとは限らないからです。

また知人からの誘いであればあるほど、個人的な感情が判断を狂わせる可能性もあります。自身のキャリアプランを見極めたうえで、転職を決断することが重要です。

職場の人が辞めて転職することを知った

同僚や先輩が新たなキャリアへと歩み出す姿は、自身が転職を考える大きなきっかけになります。このような場面では、彼らの転職理由や新しい業界への期待、そして何より彼らが抱えていた職場での悩みや不満が明らかになることもあります。

とくに、信頼していた同僚や仕事上で尊敬していた先輩の退職は、自身のキャリアプランを再考させるきっかけとなるでしょう。彼らの転職体験から仕事の充実感や職場環境の大切さ、キャリアでの成長の可能性など、自身が仕事に何を求めているのかを見つめ直すことができるのです。

自身の半歩先を行くキャリアを築きたい場合は、周囲の反応に惑わされず、自身の判断で積極的に転職活動を行うことが求められます。

給与に不満がでてきた

給与に不満を感じ始めたときは、多くの人にとって転職を考える大きなきっかけのひとつです。給与に関連する不満がたまると、仕事に対する満足感や達成感も低下しやすくなります。

具体的な例は、労働市場での自身の価値を正確に把握できていなかったり、自身のスキルや成果が適切に評価されていないと感じたりすることがあります。給与があがらない原因は、自社の経営状態や業界全体の経済状況など、個人の努力だけではコントロールできない外部要因も影響している場合があるでしょう。

このような状況下で、自身のキャリアを見つめ直し、転職を考えることは悪い選択ではありません。むしろ自身の成長やキャリアアップを望むならば、新しい職場での挑戦を通じて、よりよい労働条件や報酬を求めることは自然な流れといえます。

退職して転職するまでの流れ|5ステップ

退職して転職するまでの流れ|5ステップ

ここからは、退職して転職するまでの流れを、以下の5ステップに分けて詳しく解説します。転職を検討している方は、参考にしてください。

  • 【ステップ1】現職への退職連絡および退職手続きをする
  • 【ステップ2】退職時に必要なものを整理しておく
  • 【ステップ3】転職先の就業規則をおさえておく
  • 【ステップ4】転職先で最低限必要なスキル習得にはげむ
  • 【ステップ5】入社前に必要なものを準備しておく
あわせて読みたい
退職交渉のポイントと成功への道|10ステップ 転職先が決まったら、現職の会社と退職交渉をします。しかし、退職の交渉の具体的な方法が分からず、不安を抱える方も多いのではないでしょうか。 退職交渉をスムーズに...

【ステップ1】現職への退職連絡および退職手続きをする

転職を成功に導くには、計画的な行動が必要です。とくに、現職を辞める際の退職連絡および退職手続きは、今後のキャリアにも影響を及ぼす重要なステップです。

転職活動を始める前に、まず現職での退職意思を会社に伝えることが必要があります。このとき、直属の上司に最初に報告するのが一般的なマナーです。退職の意志を伝えたあとは、会社側が定める退職手続きに従い、必要な書類の提出や引き継ぎ作業などを行います。

退職連絡をする際には、以下の3点に注意が必要です。

  • 退職日の明示
  • 退職理由の準備
  • 公的手続きの確認

現職の退職手続きをすることは転職活動のなかでもとくに神経を使う作業です。しかし丁寧に進めることで、スムーズに転職できます。退職の意志を伝える際は、今後のキャリアを見据えて、礼儀正しく、かつ計画的な行動が求められます

【ステップ2】退職時に必要なものを整理しておく

退職時に揃えておくべき書類のうち、受け取るべきおもな書類は以下の5つです。

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 退職証明書(必要に応じて)

これらは転職先への入社手続きや、転職後の生活をスムーズに進めるために必要な書類となります。

退職を決めたあとにこれらの書類を受け取るには、まず退職の意思を会社に伝え、退職に必要な手続きを進める必要があります。とくに転職活動を行っている場合、前職から受け取った書類をすべて転職先に提出しなければならない場合があります。

そのため、これらの手続きを正確に行うことが、円滑な転職へとつながるのです。このステップを正しく行うことで、転職時の不安を少しでも軽減し、前向きなスタートを切ることができます。

現職を離れる際にはこれらの書類整理を念頭に置き、計画的に行動することが大切です。

【ステップ3】転職先の就業規則をおさえておく

転職活動において内定を頂いたあと、最終的に転職を決める前に重要なのが、転職先の就業規則の確認です。就業規則には、勤務時間、休日、給与や昇給の基準、福利厚生に至るまで、労働条件の詳細が明記されています。

転職先が提供する労働環境を理解するうえで、この就業規則を事前に把握しておくことは非常に重要です。

就業規則には、退職する際に求められる通知期間や転職後の試用期間の有無・条件など、働き方や生活に直接影響を与える情報が含まれています。これらの条件を事前に知っておくことで、転職先企業とのミスマッチを防ぎ、よりスムーズなキャリア移行を実現できるでしょう。

また就業規則を理解することは、転職先の企業文化や価値観に合っているかどうかを判断するうえでも役立ちます。転職先の就業規則や条件が自身のキャリアの目標やライフスタイルに適合しているかを評価することで、長期的に満足して働けるかどうかを見極められるのです。

【ステップ4】転職先で最低限必要なスキル習得にはげむ

転職活動では、新しい職場で即戦力となれるよう、転職先で求められるスキルを習得することが重要です。とくにIT業界など技術変化が激しい分野では、新たな技術やツールに対応できる能力が求められます。転職してからでは、スキルを習得する時間の確保が難しいケースがあるからです。

このような状況下で有効なのが、転職活動期間中に可能な限り必要な知識や技術の基礎を学ぶことです。未経験分野への転職の際は、基礎となる知識をオンライン講座や資格取得で補強することで、少しでも転職先での立ち上がり時間を短縮できます。

また、現職での経験を活かしながら、新たな分野に関連するスキルを学ぶ努力も必要です。

【ステップ5】入社前に必要なものを準備しておく

新しい職場で求められるのは、適切な服装と必要な備品です。これらを事前に準備することで、スムーズに職場に溶け込むことができます。

とくに、ビジネスカジュアルやスーツなどの服装は事前に確認が必要です。また、書類やパソコンなどの業務に必要な備品についても、入社前にどのようなものが必要かを確認し、準備しておく必要があります。

企業によっては、入社前に事前研修がある場合もあります。その際には、研修で使用する教材や道具など、指示されたアイテムを忘れずに準備しましょう。また、社内規定に従って、求められる身だしなみや持ち物をきちんと把握しておくことも大切です。

転職してよかったこと5選

転職してよかったこと5選

ここからは、以下の5つの「転職してよかったこと」について、詳しくみていきます。誰しも転職した結果を良いものとしたいものです。転職した結果、どのようなよい変化があったのか、参考にしてください。

  • 収入や待遇がよくなった
  • やりがいのある仕事に就けた
  • 人間関係の悩みがなくなった
  • 正当に評価され出世できた
  • ワークライフバランスが改善された

収入や待遇がよくなった

転職が成功した結果、収入の増加や待遇の向上を実現できた人もいます。転職市場には経験豊富で高いスキルを持った人材を求める声があり、とくに専門スキルを持つエンジニアの市場価値は高まる傾向にあります。

転職活動を通じて自身のスキルや経験を見直し、それに見合った報酬を得られる新たな職場を見つけることは、キャリアアップの大きなステップです。

待遇面で福利厚生が充実した企業や、ワークライフバランスを重視する企業への転職により、働きやすい環境での仕事が可能になることもあります。

やりがいのある仕事に就けた

転職を機にやりがいのある仕事に就くことが可能です。自身のスキルや経験を活かせる場所で働くことで、仕事の満足度が大きく向上し、キャリアを充実させることができます。

仕事の充実のほか、良好な人間関係や働きがいのある企業文化など、転職を機によりよい環境で働けるようになったというケースもあります。これらの要素は、働くうえでの幸福感やモチベーションの維持に直結するでしょう。

つまり転職は、単に収入の向上を目指すだけでなく、自身の人生における質の向上を図るひとつの手段といえるのです。

人間関係の悩みがなくなった

転職をする大きなメリットのひとつが、人間関係の悩みが解消されることです。新しい職場ではこれまでの人間関係から解放され、自身をリセットするチャンスを得られます。新天地では、前の職場でのイメージに縛られることなく、新たな人間関係を構築することが可能です。

企業文化や同僚との相性を事前に把握することで、以前よりも良好な人間関係を築くことが可能になります。転職を通じて得られる新しい環境での新たな人間関係は、個人の成長や職業的満足感に大きく寄与するのです。

正当に評価され出世できた

転職してよかったことのひとつが、自身の能力や実績を正当に評価され、それに応じて出世できる環境を得られることです。転職市場には多様な業界や企業が存在し、それぞれが異なる評価基準を持っています。

そのため、転職は自身のスキルや経験がより適切に評価される場を見つけるチャンスとなり得るのです。昇進やキャリアアップの機会が多い企業に移ることで、自身の努力が給与や役職という形で明確に反映されることが期待できます。

したがって転職は、単に職を変えるだけでなく、自己実現を果たし、自身の価値を高める絶好の機会となるのです。

ワークライフバランスが改善された

転職を検討する際に多くの人が求めるのは、ワークライフバランスの改善です。新しい職場は以前の職場と比べて業務の効率化や時間管理がより重視されることが多く、結果としてプライベートの時間が充実します。

仕事と私生活のバランスを取ることは、精神的な健康や幸福感に直結するため、長期的なキャリア形成に不可欠です。柔軟な勤務体系やリモートワークの導入が進む企業も増えており、転職を通じてこうした働き方を選択できる可能性が高まっています。

自身に合った働き方を実現することで、仕事のパフォーマンス向上につながり、職場での満足度も高くなるでしょう。

IT業界の求人なら社内SE転職ナビ

IT業界の求人なら社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビでは、無料会員登録するだけで社内SEの求人を紹介してくれます。社内SEの求人には自社開発からシステム部門までさまざまな求人があり、自分にあった求人を自力で探すのは大変です。

社内SE転職ナビは社内SEに特化した転職エージェントで、自分にあった求人情報を提案してもらえます。また、平均紹介求人が25.6社と、手厚いサポートを受けながら安心して転職活動を行えるのも魅力です。

個人にあった企業を紹介してもらい、転職を成功させたい方はぜひ登録だけでもしましょう。

社内SE転職ナビが選ばれる5つの特徴》

提案社内SE求人 平均25.6社
保有求人10,000件以上
入社後の定着率96.5%
業界TOPクラスの社内SE求人保有
IT業界に詳しいコンサルタントと面談
内定率がグッと上がる職歴添削、面接対策が好評

まとめ

転職に有利なタイミングは?おすすめの時期や年代|転職してよかったこと5選のまとめ

転職には企業の都合や転職市場の動向によって、有利なタイミングがあります。時期をあわせて転職すれば、より成功する可能性が高まるでしょう。

この記事で紹介した転職に有利な時期や退職して転職するまでの流れを参考に、転職スケジュールを組み、適切な時期に転職活動を行うことが重要です。

転職に有利なタイミングは?おすすめの時期や年代|転職してよかったこと5選

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事の目次
閉じる