社内SEが勝ち組と言われる理由を解説

社内SEが勝ち組と言われる理由を解説

世間で勝ち組と言われている社内SEは、会社になくてはならない「ITシステムのスペシャリスト」として人気が高く、将来性が期待される職種です。

そこで当記事では、社内SEが勝ち組と言われる理由や転職事情について詳しく解説します。

あわせて読みたい
社内SEとは?仕事内容や必要なスキル、キャリアパスまで解説 SE(システムエンジニア)といえば、多くの企業にとっては外注先から派遣されるものという認識が一般的でした。システム会社・ソフトウェア会社に外注し、その開発や運...

社内SEの転職を検討しているなら、案件数業界トップの「社内SE転職ナビ」がおすすめです。
保有案件は10,000件以上の中から、IT業界に詳しいエージェントが面談を通して、幅広い職種から自分に合った求人をご紹介。
入社後の定着率も96.5%とマッチングには自信があります。社内SEへの転職に興味がある方は、ぜひ1度ご相談ください。

この記事の目次

社内SEが勝ち組と言われる7つの理由

社内SEが勝ち組と言われる以下の7つの理由を見てみましょう。

  • 上流工程の業務を担当できる         
  • ワークライフバランスが安定しやすい
  • 比較的年収が高い
  • 自身の貢献や成長を実感しやすい
  • 業務におけるプレッシャーが少ない
  • ヘルプデスクの場合は簡単な対応が多い
  • 倍率の高い職種である

それぞれ解説します。

上流工程の業務を担当できる

社内SEが勝ち組と言われる理由に、ITシステムをゼロから構築する上流工程を担当できることが挙げられます。

上流工程は、自社の経営課題を解決するために課題や要望のヒヤリングを実施し、開発に必要な予算や期間をまとめる工程です。会社の全体像を見極め、安全性や利便性に配慮し設計を進めます。

また、上流工程の外注先選定やRFP(提案依頼書)作成、および手続きに関わる折衝も、社内SEにとって重要な業務です。設計された内容に沿ってプログラムを組み、業務の効率化やコスト削減など、会社が抱える課題を解決していきます。

このように、ゼロから開発業務を担当できるのはエンジニアとしての醍醐味であり、社内SEが勝ち組と言われる理由です。

ワークライフバランスが安定しやすい

社内SEが勝ち組と言われる理由に、ワークライフバランスが安定しやすいことが挙げられます。

社内SEと似た職種として比較されることの多いSIerは、クライアント先へ常駐することも多く、納期までに成果物を納品する請負契約と言う形態を取るのが一般的です。また、急な仕様変更を要求されることもあるため、残業時間が多くなる傾向があります。

一方で社内SEは、業務のほとんどを自社で完結でき、納期や業務量などをみずから調整することが可能です。そのため有給休暇の取得もしやすく、ワークライフバランスの安定性は社内SEの大きな特徴と言えます。

比較的年収が高い

社内SEが勝ち組と言われる理由に、比較的年収が高いことが挙げられます。

大手転職サイトによると、社内SE、ITシステム・通信系エンジニア職と全体の平均年収は以下のとおりです。

職種社内SEITシステム・通信系エンジニア職全体平均
平均年収452.2万円444.5万円414万円

参照:社内SEの仕事データ|doda

参照:平均年収ランキング|doda

社内SEの平均年収は、全体平均より40万円ほど高く、ITシステム系や通信・エンジニア系より高い傾向にあります。また、社内SEは高い技術力やマネジメント能力が評価されると管理職にスキルアップが可能です。

さらに近年は社内SEの業務は多様化し、幅広いITシステムのスキルや経験が求められる傾向にあり、より一層付加価値が高まっていくでしょう。

自身の貢献や成長を実感しやすい

社内SEが勝ち組と言われる理由に、自身の貢献や成長を実感しやすいことが挙げられます。

ゼロから携わったITシステムで作業が効率化され、作業効率がアップした、経費削減につながったなど喜びの声をダイレクトに受け取ることもあり、モチベーションアップに繋がります。

社内SEの中でもITシステム化の方向性や計画を立てる段階の最上流工程から携わる人は、役員クラスと関わる機会も増えるため、会社全体を俯瞰して見渡す力が身につきます。

また、「電源が入らない」「接続できない」など業務用パソコンの初歩的な問題解決や、業務ツールの不具合などもすぐに対応できます。解決できたときの感謝の言葉をいただく機会も多く、自身が会社や人に貢献出来ていることを実感しやすいのは、社内SEならではの環境と言えるでしょう。

業務におけるプレッシャーが少ない

社内SEが勝ち組と言われる理由に、業務におけるプレッシャーが少ないことが挙げられます。

SIerなどのクライアントと深く関わる業務は、クライアントの意向に添うよう納期や予算など細かく意識する必要があり、想像以上のプレッシャーを感じるでしょう。

一方で社内SEは、自社のプロジェクトにおいて一定の裁量権が与えられるため、プレッシャーが少ない職種と言えます。納期や予算など社内SEの裁量で融通が利きやすいほか、対応のほとんどが社内で完結するのです。

ヘルプデスクの場合は簡単な対応が多い

社内SEが勝ち組と言われる理由に、ヘルプデスクの場合は簡単な対応が多いことが挙げられます。

ヘルプデスクはパソコンや周辺機器の問い合わせ対応も多く、おもな業務内容は以下のとおりです。

  • パソコンの操作内容に関する問い合わせ
  • インターネットの接続
  • 新規ソフトウェアのインストール
  • トラブル対応
  • ITシステム操作方法のマニュアル作成

社内SEの業務はITシステムの開発や設計と比較すると、ヘルプデスクの業務においては簡単な対応が多いと言えます。とは言え、パソコンや周辺機器および、ITシステム関係の問い合わせは多岐に渡ることから、広い知識と経験が必要です。

そういった社内SEの臨機応変な対応により、業務への支障を最低限に抑えることができ、助けられてきた人も少なからずいるでしょう。

倍率の高い職種である

社内SEが勝ち組と言われる理由に、倍率の高い職種であることが挙げられます。

大手転職サイトが行った「社内SEの求人倍率調査」によると、社内SEを含むITシステム系職種の求人倍率は約9.7倍です。

参照:社内SE求人倍率(2021年7月調査)|doda

引用:転職求人倍率|doda

それに対して全体的な求人倍率は、同時期(2021年7月)で見てみると、1.5倍程度であることからも社内SEの人気の高さが伺えます。

社内SEの倍率が高い要因は以下のとおりです。

  • 社内SEの採用枠が少ない
  • 退職者が少ないため求人が出にくい
  • DXの普及により企業の採用は増加傾向だがまだ少ない

非常に狭き門である社内SEとして採用された事実そのものが、勝ち組と言えるでしょう。

ここまで、社内SEが勝ち組であることについて詳しく解説しました。

次の章では、社内SEのデメリットやリスクを詳しく見ていきましょう。

社内SEのデメリットやリスク

社内SEが勝ち組であることはわかりましたが、社内SEになるにあたって少なからずデメリットやリスクはあるでしょう。

以下の5つについて見てみましょう。

  • スキルアップが難しい
  • ひとり情シスだと業務範囲が広い
  • キャリアの幅が狭い
  • 評価を受けづらい
  • 業務が雑務ばかりになることもある

それぞれ解説します。

スキルアップが難しい

社内SEのデメリットやリスクは、スキルアップが難しいことが挙げられます。

社内SEは、会社の中でITシステム開発や運用、保守、管理などがおもな仕事です。一方でITシステム開発などの上流工程を外部へ委託するケースも珍しくなく、すでにあるプログラムの管理がおもな業務となる社内SEも少なくはないでしょう。

そのため、企業によっては専門的なITシステム開発を始めとした技術を身につける機会が少なくなる可能性もあり、スキルアップが難しいと言う側面もあります。

転職先に社内SEとして技術的なスキルアップを期待する場合、事前に業務内容を確認すると良いでしょう。

ひとり情シスだと業務範囲が広い

社内SEのデメリットやリスクは、ひとり情シスだと業務範囲が広いことが挙げられます。

ひとり情シスとは「社内SEが社内にひとりしかいない」状態を指し、所属会社の規模に関係なく珍しい状況ではありません。社内のITシステム開発から運用、ヘルプサポートや記録処理まですべてひとりの社内SEが担当します。

「ひとり情シス協会」によると、中小企業で88%、中堅企業の38%でひとり情シスの実態が報告されています。採用計画はあるもののITシステム技術者の人材不足と言う現状があり、ひとり情シスが解消されるまで、もう少し時間がかかりそうです。

参照:「ひとり情シス」の傾向と対策|ひとり情シス協会

キャリアの幅が狭い

社内SEのデメリットやリスクは、キャリアの幅が狭いことが挙げられます。

ITシステムに関する業務を「広く浅く」担うことが社内SEの特徴です。そのためITシステムの専門分野に特化した業種とは言えず、日々の業務で技術的に幅広くキャリアを積むのは難しいでしょう。

社内SEのキャリアは、マネジメント能力を身につけて「社内SEのマネージャー」になることが一般的です。

社内SEのマネージャーは、プロジェクトの進捗管理や予算管理などの専門性のあるマネジメント能力が求められます。それなりに大きな責任がともないますが、限られた技術領域でのマネジメントとなるため、そういった意味でキャリアの幅が狭いと言えるでしょう。

評価を受けづらい

社内SEのデメリットやリスクは、評価を受けづらいことが挙げられます。

社内SEはITシステムの保守やサポートなど、社内のバックアップ業務がメインとなります。そのため、営業や技術職のような成果が見えやすい職種と比較すると直接的な利益を生み出さないこともあり、評価を受けづらい職種と言えるでしょう。

業務が雑務ばかりになることもある

社内SEのデメリットやリスクは、業務が雑務ばかりになることもある点が挙げられます。

社内SEの業務はITシステムに関する内容全般であり、以下のような雑務がメインになることも珍しくありません。

  • パソコン操作の問い合わせ
  • プリンター不具合の対応
  • 消耗品の発注や請求処理

ITシステム分野の知識に乏しい社員が多い企業などは、電子機器のすべてを社内SEに頼る傾向があるため、「便利屋」のような立場になりがちです。

ここまで、社内SEのデメリットやリスクについて詳しく解説しました。

次の章では、社内SEで勝ち組になれる人の特徴を見ていきましょう。

社内SEで勝ち組になれる人の特徴

社内SEで勝ち組になれる人の特徴

社内SEであれば誰しも勝ち組と言うわけではなく、社内SEで勝ち組と言われている人にはいくつかの特徴があります。以下の4つの特徴について見てみましょう。

  • ワークライフバランス重視の人
  • 論理的な考えができる人
  • マルチタスクができる人
  • 社内調整が得意な人

それぞれ解説します。

ワークライフバランス重視の人   

社内SEで勝ち組になれる人の特徴として、ワークライフバランス重視の人が挙げられます。

内閣府も推進している働き方改革のひとつが「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」です。仕事と休みのメリハリをつけることでワークライフバランスを安定させるポイントとして、以下の3つがあります。

  • 年収が高く経済的な自立が可能
  • 残業が少なく、健康で豊かな生活のための時間が確保できる
  • 有給休暇が取得しやすく、多様な生き方が選択できる

これらのワークライフバランスを重視することで心と体が安定し、その結果、業務の効率化や業績アップに繋がり勝ち組となれるでしょう。

論理的な考えができる人

社内SEで勝ち組になれる人の特徴として、論理的な考えができる人が挙げられます。

社内SEの業務はITシステムの運用や社員に対するサポートなど広範囲に渡ることが特徴です。日々発生する細かいトラブルや、想定外の事例に冷静に対処できるような論理的思考力が大切といえます。

また、発生したトラブルの解決のみならず中長期的な視点で問題解決に向けた対応方針を決め、関係各所の協力を仰ぎながら解決に導けるような対応力も必要です。

技術的な知識はもちろん、経営者目線から現場レベルまで論理的な考えで解決に導く能力が備わっている人は勝ち組と言えるでしょう。

マルチタスクができる人

社内SEで勝ち組になれる人の特徴として、マルチタスクで動ける人が挙げられます。ひとつのことに集中したいシングルタスクの人には不向きかもしれません。

会社にひとり、もしくはごく少人数であることが多い社内SEは、あらゆる業務を並行してこなす器用さが必要です。社内SEは通常のITシステムを運用しながらトラブルの対応、社員サポート、ときには外部の問い合わせ対応など、複数の業務を同時進行できるようなマルチタスクでの動きが求められます。

そういった意味でマルチタスクで動ける社内SEは、勝ち組と言えるでしょう。

社内調整が得意な人

社内SEで勝ち組になれる人の特徴として、社内調整が得意な人が挙げられます。

社内調整とは、他部署や関係者の協力を得て目的を達成することです。一見無関係のようですが、会社内の潤滑油的な役割を果たす事を求められる社内SEにとって、社内調整は重要なスキルと言えます。

ITシステム運営やトラブル解決は、部署や部門を超えた協力関係がないと成り立ちません。臨機応変に社内調整できるスキルは、社内SEが勝ち組になるために必要不可欠と言えるでしょう。

ここまで、社内SEで勝ち組になれる人の特徴を解説しました。

次の章では、社内SEの転職事情について見てみましょう。

社内SEの転職事情

社内SEへ転職するにあたって、いくつか押さえておかないといけないポイントがあります。そのポイントについて、以下の4つについて見ていきましょう。

  • 社内SEの将来性
  • 倍率が高く転職が難しい
  • エンジニア経験者の転職事情
  • エンジニア未経験者の転職事情

それぞれ解説します。

社内SEの将来性

転職の1つ目のポイントである「社内SEの将来性」について解説します。

今やITシステムを導入していない会社は、ほとんどないと言っても過言ではありません。出社がメインだった働き方も時代とともに変化し、リモートワークに対応するITシステムの必要性も向上しています。

また、これまで外注していたITシステム業務を内製化する動きも増えてきており、社内SEを増員する動きも見られるようになりました。自社で行うことにより、コスト削減や情報流出のリスク回避ができることもあり、社内SEの需要は年々高まりつつあります。

以上のことから、転職の選択肢として、社内SEの将来性は高いと言えるでしょう。

倍率が高く転職が難しい

転職の2つ目のポイントである「倍率が高く転職が難しい」について解説します。

前述したとおり、ITシステム系の求人倍率は約9.7倍でしたが、社内SEの人気はさらに高めです。また、退職者が少ないため1社あたりの採用枠が少なく、社内SEの転職は狭き門であることが推測されます。

採用枠の少なさに加えて、年収が高くワークライフバランスの取れた生活などの恵まれた環境を求め、未経験から社内SEを目指す人も増加傾向です。

社内SEを採用する会社は増加傾向ですが、高い倍率を勝ち取るためさらなる技術経験や資格取得など、万全の対策が必要でしょう。

エンジニア経験者の転職事情

転職の3つ目のポイントである「エンジニア経験者の転職事情」について解説します。

基本的なITシステム設計やプログラミングなど、エンジニア経験者なら社内SEの転職に有利で、以下のようなスキルがあるとさらに重宝されます。

  • コミュニケーション能力
  • 発想力や思考力
  • 社内調整能力
  • 論理的な思考能力

社内SEは社内外のやり取りや交渉など業務範囲が広く、コミュニケーション能力が必要不可欠です。また、上流工程ではITシステムをゼロから構築するための発想力や思考力が求められます。

ヘルプデスクや事務的な要素も多いため、専門的なこともわかりやすく伝える論理的思考能力や社内調整能力も、社内SEに転職するため身に付けておきたいスキルです。

エンジニア未経験者の転職事情

転職の3つ目のポイントである「エンジニア未経験者の転職事情」について解説します。

エンジニア未経験者でも、社内SEの転職は可能です。社内SEの需要は高まっており、未経験者を積極的に採用している会社が増加しています。会社が求める「未経験でも採用したい人」は、高いコミュニケーション能力やリーダー経験のある人です。

未経験者でも社内SEになるチャンスがありますが、やはりITスキルがあると有利に働くと言えます。未経験からチャレンジする場合は、プログラミングや資格取得などの知識のインプットが転職成功のカギと言えるでしょう。

あわせて読みたい
社内SEになるには?未経験者と経験者で求められるスキルや資格を紹介 IT化が進む現代において、社内SEの需要が高まっています。この記事を読んでいる方の中にも、社内SEを目指している方がいらっしゃると思います。 また、社内SEになるには...

ここまで、社内SEの転職事情について解説しました。

次の章では、社内SE転職で勝ち組になるための事前ポイントについて見ていきましょう。

社内SEの転職で勝ち組になるためのポイント

社内SEに転職するにあたって、勝ち組になるために事前に押さえておきたいポイントは以下の4つです。

  • スキル・経験を積む
  • 資格を取得する
  • 条件のよい会社に転職する
  • 就業先の業務内容をよく調べる

それぞれ解説します。

スキル・経験を積む

社内SEへ転職で勝ち組になるためのポイントとして、スキルや経験を積むことが挙げられます。

社内SEの業務は、コミュニケーションスキルや課題発見・解決スキルが求められ、ITシステム開発スキル・経験やマネジメント経験が必要とされています。そのため、エンジニア経験者だと成功率が一気に上がるでしょう。

未経験者でもチャンスはありますので、社内SEへ転職する際にはプログラミングや資格取得、マネジメント経験など最低限のスキル・経験を積んでおくと良いでしょう。

 資格を取得する

社内SEへ転職で勝ち組になるためのポイントとして、資格を取得することが挙げられます。

社内SEに必要なITシステムの知識やスキルをアピールするため、以下のような資格取得がおすすめです。

  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • 情報処理安全確保支援士試験
  • システムアーキテクト試験

基本情報技術者試験と応用情報技術者試験は、社内SEとしてITシステム開発に必要な知識を網羅しています。受験資格も不要で、エンジニア経験者はもちろん、未経験でも積極的に取得する姿勢が勝ち組へ繋がるでしょう。

 条件のよい会社に転職する

社内SEへ転職で勝ち組になるためのポイントとして、条件のよい会社に転職することが挙げられます。

業種によって社内SEの条件は大きく異なるため、転職先のリサーチは慎重に行いましょう。製造業の社内SEは海外拠点をもつメーカーも多く、グローバルな経験を得られる可能性があります。

また、金融業界は信頼性や正確性が求められ、年収の高さも注目すべき点です。

院内のITシステム対応には特殊な技術と経験が必要ですが、やりがいと専門性、高年収を目指すなら医療関係の社内SEをおすすめします。

条件のよい会社選びが、社内SEで勝ち組を目指す重要なポイントと言えます。

就業先の業務内容をよく調べる

社内SEの勝ち組になるためのポイントとして、就業先の業務内容をよく調べることが挙げられます。

社内SEは、就業先によって業務内容が異なり、ITシステム業務全般をすべて自社で行う場合や、一部を外注する場合などさまざまです。

就業先をよく調べることで「希望した業務は外注していた」「希望していない業務を任された」など、業務と希望のミスマッチを防げます。

身近に希望する会社の関係者やOBがいる場合は、聞いてみるのもおすすめです。現場ならではのリアルなエピソードは、貴重な転職先選びの判断材料となり、社内SEとして勝ち組になる近道となるでしょう。

社内SEの求人なら社内SE転職ナビ

社内SEの求人なら社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビでは、無料会員登録するだけで社内SEの求人を紹介してくれます。社内SEの求人には自社開発からシステム部門までさまざまな求人があり、自分にあった求人を自力で探すのは大変です。

社内SE転職ナビは社内SEに特化した転職エージェントで、自分にあった求人情報を提案してもらえます。また、平均紹介求人が25.6社と、手厚いサポートを受けながら安心して転職活動を行えるのも魅力です。

個人にあった企業を紹介してもらい、転職を成功させたい方はぜひ登録だけでもしましょう。

社内SE転職ナビが選ばれる5つの特徴》

提案社内SE求人 平均25.6社
保有求人10,000件以上
入社後の定着率96.5%
業界TOPクラスの社内SE求人保有
IT業界に詳しいコンサルタントと面談
内定率がグッと上がる職歴添削、面接対策が好評

まとめ

社内SEが勝ち組と言われる理由について詳しく解説しました。

最後に社内SEが勝ち組と言われる理由についてまとめます。

  • 社内SEは同業種と比較しても年収が高めである
  • 社内SEは上流工程を担当できるため、エンジニアとしてのやりがいを感じれる
  • 社内SEは求人倍率が高く、人気のある職種である
  • 社内SEはワークライフバランスが安定している

社内SEへ転職して勝ち組となるにあたって、メリットだけでなくデメリットやリスクをよく理解し、事前に必要なスキル・経験を積むことで転職の成功率が高まるでしょう。

社内SEが勝ち組と言われる理由を解説

この記事が気に入ったら
いいねしてね!