ITコンサルタントの平均年収と年収を上げる方法を解説

ITコンサルタントの平均年収と年収を上げる方法を解説

ITコンサルタントの平均年収は高めです。年収を上げる方法として、ひとつの会社で経験を積む、転職やフリーランスに転向するなどが挙げられます。

そこで当記事では、ITコンサルタントの平均年収と年収を上げる方法ついて詳しく解説します。

社内SEの転職を検討しているなら、案件数業界トップの「社内SE転職ナビ」がおすすめです。
保有案件は10,000件以上の中から、IT業界に詳しいエージェントが面談を通して、幅広い職種から自分に合った求人をご紹介。
入社後の定着率も96.5%とマッチングには自信があります。社内SEへの転職に興味がある方は、ぜひ1度ご相談ください。

この記事の目次

ITコンサルタントの平均年収

ITコンサルタントの平均年収について、以下の内容を見てみましょう。

・年齢別の平均年収
・役職別の平均年収
・フリーランスの平均年収

年齢別の平均年収

ITコンサルタントの平均年収を年齢別に解説します。

大手求人サイトの「平均年収ランキング【最新版】」によると、全職種およびITコンサルタントの年代別平均年収は、以下のとおりです。(※2023年12月更新分)

年代20代30代40代50代以上
全職種平均352万円447万円511万円607万円
ITコンサルタント年収402万円533万円677万円724万円
参考:平均年収ランキング【最新版】|doda
参考:IT/通信の平均年収|doda

ITコンサルタントの平均年収は、全職種と比較してもどの年代も高い水準であることがわかります。ITコンサルタントは専門性が高く、知識と経験が豊富なほど高い年収を狙えると言えるでしょう。

役職別の平均年収

ITコンサルタントの平均年収を役職別に解説します。

「エグゼクティブリンク」が調査した結果によると、ITコンサルタントの役職別年収は、以下のとおりです。

役職コンサルタントマネージャーシニアマネージャーパートナー
平均年齢22~35歳27歳以降30歳以降実績による
平均年収400万~900万円900万~1400万円1400万~1900万円2000万円~
参考:ITコンサルタント役職別年収|エグゼクティブリンク

役職が高くなるほど年収がアップしますが、一般企業と比較してもITコンサルタントは高い水準であることがわかります。ITコンサルタントは高い能力と技術、責任感が求められるほか、企業も優秀な人材を他社へ引き抜かれないよう雇用条件の質を高めていると言えるでしょう。

フリーランスの平均年収

ITコンサルタントがフリーランスになった場合の平均年収を解説します。

フリーランスエンジニア向けIT求人・案件サイト「フリーランススタート」によると、ITコンサルタントの月収は85.5万円、年収換算すると1,026万円です。

引用:【2023年10月】フリーランス市場月額単価の動向調査|フリーランススタート

安定した収入を得られる会社員と違い、フリーランスのITコンサルタントは、クライアント企業やプロジェクトの規模により報酬形態や金額もさまざまです。

さらに優秀なITコンサルタントは引く手あまたで、年収2,000万円以上稼ぐこともあります。

企業におけるIT人材不足の影響も大きく、高いレベルのITコンサルタントはヘッドハンティングでさらに好待遇を提示されることも珍しくありません。

次の章では、ITコンサルタントの年収について、各業務別に解説します。

業務別ITコンサルタントの年収

業務別ITコンサルタントの年収について、以下の内容を見てみましょう。

・戦略コンサルタント
・ERPコンサルタント
・CRMコンサルタント
・SCMコンサルタント
・PMOコンサルタント
・SAPコンサルタント

それぞれ解説します。

戦略コンサルタント

戦略コンサルタントの平均年収は、およそ750万円です。

戦略コンサルタントは、企業が抱える経営レベルの課題をITの観点から助言します。クライアント企業全体の課題解決に向けた戦略を展開し、有益な価値を提供するのが主な業務です。

専門的なIT技術はもちろん、広い視野で全体を見通す想像力も戦略コンサルタントに求められます。

ビジネスそのものに関心の深い戦略コンサルタントは、より高い年収を目指せるでしょう。

参考:戦略コンサルタントの平均年収|indeed

ERPコンサルタント

ERPコンサルタントの平均年収は、およそ664万円です。

ERPコンサルタントは、企業経営の基本となる「ヒト・モノ・カネ・情報」を向上するERPシステム導入のコンサルティングを行います。ERPシステム導入によってIT的観点から現状と課題を深く分析し、効率化を目指すことが主な業務です。

また、ERPコンサルタントの年収は業種や地域によって大きな差があるため、転職先を決める際は慎重に年収アップを目指しましょう。

参考:ERPコンサルタントの平均年収|indeed

CRMコンサルタント

CRMコンサルタントの平均年収は、およそ673万円です。

CRMコンサルタントは、営業やマーケティング履歴を管理できるシステム導入をサポートします。AI(人工知能)の進歩で新たなツールも増えており、導入の提案やサポートなど柔軟性も求められる業務です。

また、CRMコンサルタントは役職が上がるほど年収が大幅にアップします。役職がパートナーレベルになると1,800〜3,000万円になることも珍しくありません。

参考:CRMコンサルタントの平均年収|indeed

参考:CRMコンサルタントの年収|COMPUTERFUTURES

SCMコンサルタント

SCMコンサルタントの平均年収は、およそ820万円です。

SCMコンサルタントは、複数の企業間で経営の成果を高める統合的な物流システムの構築を行う専門性の高い業務です。市場のトレンドも敏感にキャッチし、常に業界の全体像を把握する必要があります。

また、SCMコンサルタントは語学スキルも重要です。海外のクライアント企業と円滑なコミュニケーションを取るため、英語や中国語も高年収を目指すのに必要なスキルと言えます。

参考:SCMコンサルタントの平均年収|indeed

PMOコンサルタント

PMOコンサルタントの平均年収は、およそ922万円です。

PMOコンサルタントは、PM(プロジェクトマネージャー)が、円滑にプロジェクトを進めるための後方支援を行います。プロジェクトに最適なスケジューリングや人材開発など業務の幅広さが特徴です。

円滑なプロジェクト遂行のため、PMOコンサルタントの必要性が高まり、求人が増加傾向にあります。より専門性を高めることでさらに高年収も狙えるでしょう。

参考:PMOコンサルタントの平均年収|indeed

SAPコンサルタント

SAPコンサルタントの平均年収は、およそ832万円です。

SAPコンサルタントは、前述した「ERPシステム」のテンプレートを導入する企業にあわせてカスタマイズします。企業が抱える問題点を潜在レベルで見つけ、期限内に解決する論理的思考や提案力を含めた、高いコミュニケーションスキルが必要です。

SAPコンサルタントに資格は不要ですが、SAP認定コンサルタント資格を取得することで、さらなる年収アップが見込めます。

参考:SAPコンサルタントの平均年収|indeed

次の章では、ITコンサルタントの年収が高い理由について解説します。                    

ITコンサルタントの年収はなぜ高い?

ITコンサルタントの年収はなぜ高いのか、それはIT技術を駆使して企業の経営課題を解決する重要な業務であることが挙げられます。

課題解決の提案やシステム開発など専門的なIT技術のほか、業界全体を網羅する経営知識もITコンサルタントにとって必要なスキルです。また、企業が気付いていない潜在的な問題を見出し、経営を支える重要な立場であることも年収が高い理由と言えます。

ITコンサルタントは、高い専門性と業界知識、豊富な経験が求められる実力主義の世界で生きていると言えるでしょう。

結果がそのまま成果に反映しやすいこともITコンサルタントが高収入である理由と言えますが、情報のインプットが苦手な人にとって難しい世界かもしれません。

次の章では、ITコンサルタントの年収アップ方法について解説します。

ITコンサルタントの年収アップの方法

ここからはITコンサルタントの年収アップの方法について、以下の内容を見てみましょう。

・スペシャリストになる
・社内で昇格する
・キャリアチェンジする
・転職する
・独立・フリーランスで働く

スペシャリストになる

ITコンサルタントの年収アップの方法は、スペシャリストになることが挙げられます。

スペシャリストは、自身の専門性を活かした技術でシステム開発のサポートができる業務です。スペシャリスト業務は以下の6つの分野があります。

・ネットワーク
・データベース
・プラットフォーム
・セキュリティ
・システム管理
・アプリケーション共通基盤

いずれも、一定レベル以上の高い専門知識が必要です。

特定の分野を極めたい、深く掘り下げたい人ほどスペシャリストに向いています。また、専門的な知識を深く追及する人ほど高い年収が期待できるでしょう。

社内で昇格する

ITコンサルタントの年収アップの方法は、社内で昇格することが挙げられます。

前述した「ITコンサルタントの平均年収」で解説したとおり、ITコンサルタントは役職が上がるほど高い年収が期待できます。

現時点でマネジメントスキルがない場合でも、社内で着実に経験を積み上げることができれば、マネージャー以上のクラスを目指すことも可能でしょう。

また、ITコンサルタントの最高クラスであるパートナー職は、共同経営者として会社役員にあたる役職です。ITコンサルタントとしての高いスキルはもちろん、自ら仕事を取りに行く営業力も求められます。

キャリアチェンジする

ITコンサルタントの年収アップの方法は、キャリアチェンジすることが挙げられます。

知識や技術、経営課題の解決などさまざまなスキルを持つITコンサルタント経験者の市場価値はとても大きいものです。ITコンサルタント経験者のキャリアチェンジ先として以下のような企業が挙げられます。

・投資銀行
・PEファンド
・ベンチャー企業
・外資系企業

この中でも外資系企業は、Up or Out(アップ・オア・アウト)「昇格するか、辞めるか」の強い風潮があります。あえて厳しい世界に身を投じ、ITコンサルタント経験者として実力を試すひとつの選択肢と言えるでしょう。

転職する

ITコンサルタントの年収アップの方法は、転職することが挙げられます。

ITコンサルタントとしての経験を活かし、他社のITコンサルタントとしてキャリアを積むことで年収アップを見込めるでしょう。さらにITコンサルタントとして一般企業に転職するのではなく、ITコンサルタントの専門企業であれば、より高い年収を目指せることで注目を集めています。

ITコンサルタント専門企業の代表例は以下のとおりです。

・日本IBM
・アクセンチュア
・野村総合研究所

そのほか新卒・中途採用問わずIT人材に人気が高いSIerなども、ITコンサルタントの就職先として注目を集めており、ITコンサルタントとして成長する環境も整っています。

あわせて読みたい
転職エージェントと転職サイトの何が違う?メリデメやエージェントの賢い使い方7ステップ 転職しようとしたとき、頼れる味方になる存在のひとつが転職エージェントです。また転職サイトから次の転職先を探す人もいるでしょう。では、転職エージェントと転職サ...

独立・フリーランスで働く

ITコンサルタントの年収アップの方法は、独立・フリーランスで働くことが挙げられます。

会社に縛られることなく自身の得意分野で働けることが、フリーランスのITコンサルタントの魅力です。ITコンサルタントとして原点回帰し、目の前の業務とクライアント企業の課題解決に集中できます。

自身で案件を受注しなければならない大変さはありますが、フリーランスの求人サイトによると年収600~2,400万円の幅での求人が多く、軽く1,000万円を超えてくるところがとても夢のある職種と言えます。

ITコンサルタントでフリーランスを目指すなら、まずは副業からスタートし人脈を築いていくこともおすすめです。

ITコンサルタントに求められるスキルは

ITコンサルタントは、企業が抱える課題や目指すゴールに到達するために、ITの側面から課題解決策を見出すために、課題の抽出や分析、現状の経営状況、実際の業務分析、社内で利用するITシステムやツール等の現状把握・分析等などを行います。

そのため、ITに関する知見だけでなく、ビジネス知識、企業を取り巻く業種・業界についての専門的な知識、経営層やステークスホルダーへのヒアリングやプレゼンを踏まえたコミュニケーション力など、非常に多岐に渡るスキルを要します。

合わせて、SaaSやITツールなど、最新のサービスや動向、技術なども並行して吸収、仕事の中に取り入れていく必要があるため、日々の情報キャッチアップは欠かせません。

ITコンサルタントの求人なら社内SE転職ナビ

社内SEの求人なら社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビでは、社内SEだけでなくITコンサルタントの求人も掲載されています。

また、無料登録すると、エンジニアやクリエイターに精通した転職エージェントが、希望にあった求人情報を提案してもらえます。また、平均紹介求人が25.6社と、手厚いサポートを受けながら安心して転職活動を行えるのも魅力です。

個人にあった企業を紹介してもらい、転職を成功させたい方はぜひ登録だけでもしましょう。

社内SE転職ナビが選ばれる5つの特徴》

提案社内SE求人 平均25.6社
保有求人10,000件以上
入社後の定着率96.5%
業界TOPクラスの社内SE求人保有
IT業界、クリエイティブ業界に詳しいコンサルタントと面談
内定率がグッと上がる職歴添削、面接対策が好評

まとめ

ITコンサルタントの平均年収と年収を上げる方法について解説しました。

最後に、重要なポイントについてまとめます。

・ITコンサルタントの平均年収の水準は高い
・ITコンサルタントにはさまざまな業種があり、いずれも高年収である
・フリーランスのITコンサルタントは、自身で案件獲得が必要だが、1,000万円を超えることは難しくない

ITコンサルタントとして年収を上げるには、経験や実績を活かした転職も視野に入れ、さらなるスキルアップを目指しましょう。

ITコンサルタントの平均年収と年収を上げる方法を解説

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事の目次
閉じる