Webマーケティングはやめとけと言われる理由は?向いている人についても解説

Webマーケティングはやめとけと言われる理由は?向いている人についても解説

Webマーケティングの需要は高く、将来性もある仕事です。一方で「Webマーケティングの仕事はやめとけ」という声も聞かれます。

今回は、Webマーケティングはやめとけと言われる理由・向いていない人の特徴・向いている人の特徴などをまとめました。

本記事では社内SEとは何なのか、具体的な仕事内容や常駐SEとの違い、やりがいなどをまとめて解説します。社内SEというキャリアに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

社内SEの転職を検討しているなら、案件数業界トップの「社内SE転職ナビ」がおすすめです。
保有案件は10,000件以上の中から、IT業界に詳しいエージェントが面談を通して、幅広い職種から自分に合った求人をご紹介。
入社後の定着率も96.5%とマッチングには自信があります。社内SEへの転職に興味がある方は、ぜひ1度ご相談ください。

この記事の目次

Webマーケティングはやめとけと言われる理由

Webマーケティングはやめとけと言われる理由はいくつかあります。それぞれの理由をみてみましょう。

  • 結果がわかりやすいことのプレッシャー
  • 常に学び続ける必要がある
  • 明確な答えがない
  • 地道な作業が多い
  • マルチタスクであることが多い
  • 専門用語が多い
  • 未経験・経験が浅いと苦労する
  • 胡散臭いイメージがある
  • 離職率が一定数ある

結果がわかりやすいことのプレッシャー

Webマーケティングの仕事は、成果が数字で直接評価されます。クライアントから常に高いパフォーマンスを求められることが多いため、成果が出るまでの間、プレッシャーを感じる人もいるかもしれません。

ほかにも、広告のクリック数やコンバージョン率など、明確な指標をもとに効果が判断されます。数字で結果がわかるため、客観的に評価を得られます。しかし、目標に達しない場合、つねに結果を出し続けなければならないというストレスが大きな負担となるでしょう。

また、このようなプレッシャーは、クライアントや自社の風土にもよるかもしれません。転職する場合は、転職先の会社の雰囲気なども把握し、自分がそこでついていけるか確認しましょう。

常に学び続ける必要がある

Webマーケティングの分野では、デジタル技術の進化にともない新しいツールなどが次々と登場します。そのためマーケターは、つねに最新のトレンドや技術を学び、スキルを磨き続ける必要があります。

たとえば、SEO(検索エンジン最適化)のアルゴリズムは頻繁に変更されます。そのため定期的に、最適な戦略を見直し、新しいアルゴリズムに適応することが求められるでしょう。また、SNSの新機能の利用やデータ分析の精度を高めるための新しい方法の習得も必須です。

業務時間外に自主的に学習を進める人も多く、そのような時間を確保できない人にとっては、Webマーケティングの仕事が辛いと感じてしまうかもしれません。

明確な答えがない

Webマーケティングでは仕事の性質上、明確な答えがないです。技術の進化、市場の動向など多岐にわたる要因に影響されるため、これといった正解はありません。

また「これさえやっておけば大丈夫」という万能の対策もありません。なぜなら、Aという戦略が特定の市場で成功しても、同じ戦略が別の市場や異なるターゲットに対して同様に機能する確証はどこにもないためです。

そのため、マーケターは試行錯誤を重ねながらデータに基づいて戦略を少しずつ調整し、効果的なアプローチを模索する必要があります。この作業が辛いと感じると、Webマーケティングの仕事を続けるのも辛いかもしれません。

地道な作業が多い

Webマーケティングの仕事には、地道で細かな作業が多く含まれます。たとえば、キーワードのリサーチ・コンテンツの最適化・データの分析などがあります。このような仕事は、一見すると単調で退屈な作業に見えるかもしれませんが、Webマーケティングの成果を決定づける非常に重要な要素です。

たとえばSEO対策では、細かいキーワードの配置やメタデータを調べることも多いです。また、SNSマーケティングでは、投稿のタイミングやフォロワーとのやり取りという地味な作業も必要になります。

このようにWebマーケティングの仕事は忍耐と注意力が必要な作業が多いです。このような地道な作業は、向き・不向きが分かれるかもしれません。

マルチタスクであることが多い

Webマーケティングの職場では、多くのマルチタスクが要求されます。マーケターは1日のなかで複数の異なるプロジェクトを同時に進行させることも日常茶飯事です。

たとえば、データの収集と分析、社内外の人とのやりとりなど1つのプロジェクトでも多数の仕事があります。そのため、同時にさまざまな業務を、同時に処理する能力が求められます。

このような能力は、Webマーケティングの職場で成功するには欠かせません。マルチタスクが苦手な人は、このような仕事のスタイルが過度なストレスを引き起こす原因となるかもしれません。

専門用語が多い

Webマーケティングにおいては、専門用語が非常に多く使われます。SEO(検索エンジン最適化)・PPC(ペイ・パー・クリック・CTR(クリックスルーレート)・CRO(コンバージョンレート最適化)など、特定のテクノロジーや戦略を指す略語が数多く存在します。

このような業界で一般的に使われている専門用語は、社内や同じ業界の人とコミュニケーションをとる場合は必要不可欠です。未経験者や外部の人々にとっては、聞きなれない単語も多いため、これらの学習にストレスを感じる人もいます。

とくに新入社員や異業種から転職した人々は、これらの専門用語に慣れるまでに時間がかかる場合が多く、苦労する人もいるでしょう。

未経験・経験が浅いと苦労する

Webマーケティングの分野で未経験や経験が浅いと、苦労することも多いです。未経験者にとっては、専門用語を覚えたり具体的なツールの操作方法を学んだりと、基本的な業務をこなすために必要な勉強が多々あります。

さらにこの業界は、速いペースで新しい技術や手法が導入されているため、迅速に適応する必要があります。

また、Webマーケティングはデータに基づいて意思決定を行うため、データ分析のスキルも非常に重要です。経験が浅いとどのデータが重要で、どのように解釈すべきかを見極めるのも難しいでしょう。このため、実際の成果を出すまでには時間がかかってしまう人もいます。

未経験や経験が浅い状態でWebマーケティングの職に就く際には、上記のようなことを学ぶ必要があると認識しましょう。

胡散臭いイメージがある

Webマーケティングは、ときに「胡散臭い」というイメージを持たれることがあります。このようなイメージをもたれてしまう原因の1つは、過去に一部のマーケターが不透明な手法や誤解を招く広告を利用したことにあるかもしれません。

しかし、現在では過去の騒動を踏まえ、透明性を持って業務を行っていることが一般的です。業界全体のイメージは改善しつつありますが、どうしてもネガティブなイメージに引っ張られ「Webマーケティングはやめとけ」という意見もあるのかもしれません。

離職率が一定数ある

Webマーケティング業界では一定数の離職率がありますが、これはいくつかの要因によって引き起こされています。

まず、この分野は結果が直接的に評価されることもあり、高いプレッシャーが伴います。そのため、ストレスに耐えられず職を変える人が少なくありません。また、技術やトレンドが日々進化しているため、学習を続けなければならない環境もその理由の1つでしょう。

さらに、マルチタスクが求められる職場環境は仕事の負荷が大きく、ワークライフバランスを保つことが困難かもしれません。

Webマーケティング業界で長期的にキャリアを築くためには、ストレスへの対処法を考えたり、プロジェクトへの適応能力が求められます。

Webマーケターの仕事内容について書かれた記事がありますので、どんな仕事をしているのか知りたい方はぜひ参考にご覧ください。

あわせて読みたい
Webマーケターとは?仕事内容や必要な知識・スキル、年収、なり方などを解説 Webマーケターは、企業のメディアやWebサイト、SNSなどを活用して、Webを通じて製品やサービスのさまざまなマーケティング活動をおこなう仕事です。本記事では、Webマー...

Webマーケティングが向いていない人の特徴

Webマーケティングが向いていない人の特徴は以下のとおりです。

・感覚で物事をとらえる人
・決まった仕事をきっちりこなしたい人
・結果よりも過程が大事である人
・コミュニケーションを取ることが苦手な人
・出世欲があまりない人

感覚で物事をとらえる人

Webマーケティングはデータをもとに仮説・検証を繰り返すスキルが求められます。そのため、直感や感覚だけに頼ることは推奨されません。感覚で物事を判断する傾向のある人は、このような業務を苦痛に感じるでしょう。

データや数字をもとに、判断を下すのが難しいと感じている方は、Webマーケティングの仕事は向いていないかもしれません。

決まった仕事をきっちりこなしたい人

Webマーケティングの分野は定型的な作業が少なく、日々の業務は多岐にわたります。また、何かしらのイベントが起きると、それにともなって突発的な業務が発生することも多いです。

このような予測不可能な事態にも、迅速に対応できる柔軟性が求められます。ルーティンワークを好み、予定どおりに仕事を処理したい人にとっては、このような環境はストレスを感じるかもしれません。

結果よりも過程が大事である人

Webマーケティングは、なによりも成果を重要視します。とくに、この業界は成果がデータや数字ではっきり出るため、クライアントの求める成果を提供することが最も重要です。

もちろん、日々の業務態度や成果を出すまでの過程を丁寧にこなすことも大切ですが、過程ばかりを気にして成果がともなわないと「仕事ができない人」と思われてしまうかもしれません。

ルーチンワークをこなすのは得意なものの、成果を出すために努力することが苦手な人にとっては、Webマーケティングの仕事は難しいかもしれません。

コミュニケーションを取ることが苦手な人

Webマーケティングの分野では、クライアント・チームメンバー・社外の人とのコミュニケーションが不可欠です。プロジェクトの要件を正確に理解し、進捗を報告できるようになるためには、明確で効果的なコミュニケーションスキルが重要です。

これが苦手な人は、誤解や不満が生じやすく、プロジェクトを予定どおり進めることが難しいかもしれません。とくに、オンラインのコミュニケーションツールが主体となるこの業界では、非対面でのコミュニケーション能力も同様に重要です。

したがって、対人スキルが低いと感じる人は、この環境での仕事に適応するのが難しいかもしれません。

出世欲があまりない人

キャリアアップや高い地位を目指すことに対して積極的でない人は、Webマーケティングのような競争が激しい環境でモチベーションを維持することが難しいかもしれません。

この分野では、昇進やキャリアの成長に向けて継続的に学習することが求められます。また、新しいツールの習得もあり多忙な人が多い印象です。

出世欲が少ないと、そのような環境でのプレッシャーや競争に対応することがストレスとなり、仕事の満足度が低下するかもしれません。

試行錯誤するのが苦手な人

Webマーケティングは試行錯誤を繰り返す過程が多く含まれます。新しい戦略を試し、その効果を測定し、必要に応じて調整を加えることはこの仕事の根幹となります。

試行錯誤することが苦手で失敗を恐れる人は、この仕事に向いていないかもしれません。この仕事は失敗から学び、次のステップに活かす柔軟性も求められます。Webマーケティングの仕事に挑戦したい人は、このようなスキルも鍛えておくと良いでしょう。

Webマーケティングが向いている人の特徴

ここからはWebマーケティングに向いている人の特徴を紹介します。Webマーケティングの仕事への転職を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

・論理的に物事をとらえる人
・データを扱うのが好きな人
・多角的に物事を考えられる人
・根気強く続けられる人

論理的に物事をとらえる人

Webマーケティングでは、論理的な思考を持つ人が成功しやすいでしょう。この業界で求められるのはデータを分析し、戦略的な意思決定を下せるスキルです。

複雑なデータをひとつひとつ読み解き、課題の原因や市場動向を把握するためには、論理的思考が欠かせません。

また、論理的思考ができる人は問題が発生した際に、原因を客観的に分析して合理的な解決策を導き出すことが可能です。このような能力がある人は、変化に富んだこの業界で、高い成果を上げることができるでしょう。

データを扱うのが好きな人

データを扱うのが好きな人にとって、Webマーケティングは非常に魅力的な分野です。成功するWebマーケターは、広告のパフォーマンス指標・Webサイトのトラフィックデータ・消費者の行動パターンなど、さまざまなデータを解析して活用する能力が求められます。

データを基に考察を導き出し、それを戦略的な意思決定に役立てることができる人は、この分野での成功が期待されます。データの分析をしたり、数値などを扱ったりすることに興味がある人には、Webマーケティングの仕事が向いているでしょう。

多角的に物事を考えられる人

Webマーケティングにおいては、異なる視点から問題を捉える能力も求められます。なぜならWebマーケターは多角的な視点で、消費者のニーズ・技術的な制約・市場のトレンドなど、さまざまな要素を考慮にしたうえで最適な戦略を立案するためです。

多角的に物事を考えられる人は、ターゲット層の理解や競争相手の分析で能力を発揮できるでしょう。また、複数の視点があると効果的な施策を検討できるため、業界内での競争力を高めることができます。

根気強く続けられる人

Webマーケティングの業界は、成果を早くあげることが求められますが、成功するためには長期的な視点と根気が必要です。根気強く取り組むことができる人は、SEOのような時間を要する仕事に適しているといえます。

また、結果が出るまでのプロセスを辛抱強く続けることができるため、変化の激しい市場環境の中でも一貫して成果をあげることができます。このような性格の持ち主は、Webマーケティングで成功しやすいと言えるでしょう。

Webマーケティングの魅力・メリット

Webマーケティングの魅力・メリットは、自由度の高さと報酬面などがあげられます。

働く環境を選ばない
成果が数字となって表れやすい
Webの最前線を知り、スキルアップできる
高い年収が期待できる
将来性の高い仕事である

働く環境を選ばない

Webマーケティングの大きな魅力の1つは地理的な制約が少ないことです。インターネット接続があれば、オフィスだけでなく自宅やカフェ、さらには海外などでも仕事が可能です。

ワークライフバランスを向上させ、個々のライフスタイルにあわせた働き方を実現したい人にとっては、非常に魅力的な仕事といえます。

成果が数字となって表れやすい

Webマーケティングでは、成果が具体的な数字で表されるため、自分の努力が明確に評価されやすいです。クリック数・コンバージョン率・売上など、さまざまな指標を通じて直接的に成果を見ることができます。

このように数字で成果がわかるため、それがやりがいにつながりやすいでしょう。

Webの最前線を知り、スキルアップできる

Webマーケティングを行うことで、最新のデジタル技術やトレンドをいち早くキャッチできます。

企業によっては勉強会や研修を実施する会社もあるため、学ぶ機会も豊富にあるでしょう。Webマーケティングの仕事をしながら、専門的なスキルや知識も磨くことができるのは、大きなメリットといえます。

高い年収が期待できる

Webマーケティングは専門性が高く需要も大きいため、高い年収が期待できる職種です。とくにデジタルマーケティングのスキルを持つプロフェッショナルは、多くの企業から重宝されます。

また、成果を出せば出すほど評価され、それが直接的な収入アップに繋がることも多いです。頑張りが報酬として反映されるため、モチベーションアップにもつながるでしょう。

将来性の高い仕事である

デジタル化が進む現代において、Webマーケティングの重要性はますます高まっています。また、AIを利用したマーケティングの手法も広まりつつあり、AIを活用できるマーケターはさらに需要が高まると考えられます。

そのため、Webマーケティングは将来にわたって安定したキャリアを築きたい人にとっては非常に魅力的な仕事です。

Webマーケティング業界への転職方法

Webマーケティングの業界は、未経験からでも転職できるのでしょうか。未経験からWebマーケティングに転職する方法や疑問をまとめました。

未経験で転職する方法

未経験からWebマーケティング業界への転職を検討する場合、まずは基本的なWebマーケティングの知識を身につけることが重要です。

現在ではオンラインでマーケティングの講座を受講することも可能です。このような教材を選び、SEO・ソーシャルメディアマーケティング・コンテンツマーケティングなどの基本的な知識を習得しましょう。

また、実務経験を積むためにインターンシップやアルバイトを探すのも良いでしょう。未経験からキャリアチェンジするなら、サポートの手厚い転職エージェントの利用も検討してください。

独学で習得できる?

Webマーケティングは独学でも十分に習得可能です。書籍やオンラインの教材も充実しているため、基本的なスキルなどを学ぶこともできるでしょう。

また、Googleなどのプラットフォームはマーケティングに関する認定資格を提供しています。これらを取得すると、自己学習に留まらず、転職活動でも有利に働くかもしれません。余裕がある人は、Webマーケティングに関する資格の取得も視野に入れましょう。

とくに専門用語や基礎知識については独学でも学習できますので、学習時間を確保して習得を目指しましょう。

Webマーケティングの勉強のコツ

・日々物事をロジカルに考える
・Webマーケティングの書籍を読む
・資格に挑戦する

日々物事をロジカルに考える

Webマーケティングの仕事で求められるスキルに、ロジカルな考え方があげられます。市場の広告のパフォーマンスなど、さまざまなデータを分析する際に、数字から分析するスキルが求められます。そのため、日常的に物事をロジカルに考える習慣を身に付けることが重要です。

日常生活では問題を分解し、原因と結果を明確に分けることで、日頃から物事をロジカルに考える癖をつけましょう。

Webマーケティングの書籍を読む

Webマーケティングの基本から最新のトレンドまで、幅広い知識を得るためには専門書の読書が非常に有効です。市場には初心者向けから上級者向けまでさまざまな書籍があります。

これらの書籍を読むことで、SEO・ソーシャルメディア・コンテンツマーケティングなどの各分野の基本的な知識を習得できるでしょう。また、定期的に新しい書籍をチェックすることで、最新の情報を得られます。

資格に挑戦する

Webマーケティングの学習において、関連する資格を取得することは知識の証明として非常に有効です。Google AnalyticsやGoogle Adsの認定資格などの資格を取得してみましょう。

これらの資格は、学習過程で得た知識を、実際の業務に活かしやすいです。また、転職活動でもアピールポイントになり得ますので、ぜひ取得を目指しましょう。

社内SEの求人なら社内SE転職ナビ

社内SEの求人なら社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビでは、無料会員登録するだけで社内SEの求人を紹介してくれます。社内SEの求人には自社開発からシステム部門までさまざまな求人があり、自分にあった求人を自力で探すのは大変です。

社内SE転職ナビは社内SEに特化した転職エージェントで、自分にあった求人情報を提案してもらえます。また、平均紹介求人が25.6社と、手厚いサポートを受けながら安心して転職活動を行えるのも魅力です。

個人にあった企業を紹介してもらい、転職を成功させたい方はぜひ登録だけでもしましょう。

社内SE転職ナビが選ばれる5つの特徴》

提案社内SE求人 平均25.6社
保有求人10,000件以上
入社後の定着率96.5%
業界TOPクラスの社内SE求人保有
IT業界に詳しいコンサルタントと面談
内定率がグッと上がる職歴添削、面接対策が好評

まとめ

Webマーケティングは、トレンドの変化も早く大変な仕事ではありますが、年収の高さや勤務環境の自由度の高さは非常に大きな魅力です。

しっかり勉強すれば、未経験での転職も不可能ではありません。本気でWebマーケティングへの転職を目指すなら、転職エージェントなども活用して転職に挑戦してみましょう。

Webマーケティングはやめとけと言われる理由は?向いている人についても解説

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事の目次
閉じる