フロントエンドとは?バックエンドとの違いも含めて紹介

フロントエンドとは?バックエンドとの違いも含めて紹介

フロントエンドとは、Webサイトにおいてユーザーが実際に操作できる領域のことです。具体的には、ナビゲーションメニューやボタン、画像といった、Webサイトに表示されるグラフィカルユーザーインターフェースの各部分を指します。
この記事では、フロントエンドとは何か、と、バックエンドの違いについて詳しく解説します。

ITエンジニア転職なら社内SE転職ナビ

社内SEの転職を検討しているなら、案件数業界トップの「社内SE転職ナビ」がおすすめです。保有案件は10,000件以上の中から、IT業界に詳しいエージェントが面談を通して、幅広い職種から自分に合った求人をご紹介。入社後の定着率も96.5%とマッチングには自信があります。社内SEへの転職に興味がある方は、ぜひ1度ご相談ください。

この記事の目次

フロントエンドとは

フロントエンドとは

フロントエンドとは、Webサイトにおいてユーザーが実際に操作できる部分のことです。
具体的にはナビゲーションメニューやボタン、画像といった、Webサイトに表示されるグラフィカルユーザーインターフェースの各部分を指します。すべての操作がクライアント側(ユーザー側)で行われるため、フロントエンドは「クライアントサイド」といわれることもあります。
フロントエンド開発者の役割は、HTML、CSS、JavaScripといった言語を使用して、ユーザーが見たり操作したりできるインターフェースを構築することです。
バックエンドとの違い


バックエンドは「サーバーサイド」とも呼ばれ、ユーザーが直接視覚化したり操作したりできないWebサイトの部分を指します。
バックエンドの主な役割は、Webサイトの裏側の動作すべてを管理することです。言い換えれば、Webサイトがどのように機能するかを決定し、フロントエンド開発を支える間接的な役割を果たしています。
バックエンドはサーバーサイドで動作し、フロントエンドと連携しながらすべてが正常に運行されるためのあらゆる動作を担います。

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアの仕事内容は、HTML、CSS、JavaScriptなどの言語を使い、WebサイトやWebアプリケーションの「ユーザーから見える部分」を構築することです。加えてユーザーインターフェース(UI)の設計やSEOに対応したデザインの検討も、フロンドエンドエンジニアの仕事に含まれます。
フロントエンドエンジニアとして成功するためには、新しい開発言語やフレームワークなど、フロントエンド開発に関連する技術を積極的に学び、コーディングスキルを強化することが不可欠です。

バックエンドエンジニアの仕事内容

バックエンドエンジニアの仕事内容は、サーバーによるデータを処理することです。具体的にはフロントエンドからのデータ入力の処理、データベースへの保存、そしてデータの呼び出しの処理を実行します。さらにデータベースの構築や設計、そしてバックエンドシステムの運用と保全もバックエンドエンジニアの主な仕事です。
バックエンドエンジニアとしてのキャリアを築くには、APIの実装方法を学び、データベースの知識を深めることが必須です。

フロントエンドで用いられるフレームワーク

フロントエンドで用いられるフレームワーク

ここからはフロンドエンドで用いられるフレームワークのなかからよく使われる以下の3つを抜粋して詳しく解説します。フロンドエンドエンジニアの仕事に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

Vue

Vue.jsはJavaScriptのフレームワークのひとつで、有用性の高さから注目されているフレームワークです。
Vueの特徴のひとつが「プログレッシブフレームワーク」で、すでに進行中のプロジェクトがあっても、その一部分にVueを取り入れることが可能である点です。開発フェーズのどの段階からも導入できるため、プロジェクトの進行を妨げることなく、システムがスムーズに動作するよう構築できます。
FacebookやGoogleといった世界的な企業がVueを支持していないことから、Vueの採用に躊躇するケースがあるかもしれません。しかしその状況は急激に変わりつつあり、他の企業がVueへの投資を開始していることから、Vueのスキルや知識を身につけることは有効といえます。


Angular


Angularは、シングルページアプリケーションを構築するためのフロントエンド開発フレームワークです。AngularはGoogleによって開発され、現在ではGoogleのほか、Microsoft、PayPalなどで利用されています。
初期のAngular 1.xではJavascriptが使用されていましたが、その後のバージョンからはTypescript、つまりJavascriptのスーパーセットが使われるようになりました。
ただしAngularには2つの主要なデメリットがあります。一つは他のフレームワークに比べてファイルサイズが大きいこと、もう一つは検索エンジン最適化(SEO)が可能ではあるものの、基本的にAngularがSEOに最適化されているわけではないことです。


Ember


EmberはGoogle、Microsoft、Netflixなどの大手企業で頻繁に活用されるフレームワークです。2015年には当時「最も優秀なJavascriptフレームワーク」といわれていました。現在でもEmberのコミュニティは活発で、大規模な新機能の追加やバージョンのリリースが定期的に行われ、その範囲は拡大し続けています。
EmberはAngularと同様に双方向データバインディングを備えており、利用可能な多数の機能やコンポーネントを提供しています。
Emberの特徴は、開発者の効率性を最優先に考えている点です。不必要なタスクを排除すること、またはJSのベストプラクティスを基本設計に取り入れることによって、生産性の最大化を目指しています。

フロントエンドエンジニアの将来性

フロントエンドエンジニアの将来性

フロントエンドエンジニアの将来性は、明るいといえます。日々の生活でWebサービスを使うユーザーが昔よりも増えていることから、数多くの企業がWebサービス開発のためのフロントエンドエンジニアを求めており、今後の人材の需要は高いと考えられます。
さらに、フロントエンド開発で重要な役割を果たすJavaScriptの評価も高いです。JavaScriptはTIOBEが公表したプログラミング言語の最新検索ランキングで6位でした。

TIOBE
引用・抜粋:TIOBE Index – TIOBE

前年は7位であったことから、ワンランクアップしたことになります。前回よりも順位を上げていることから、JavaScriptは継続的に高い評価を受け、興味を持つ人が増えている言語のひとつです。

フロントエンドエンジニアの求人なら社内SE転職

フロントエンドエンジニアの求人なら社内SE転職

フロントエンドエンジニアは、現代のWeb開発で不可欠な存在です。仕事の将来性も明るいといえます。JavaScriptや人気のフレームワークといった求められるスキルを身につければ、転職市場でより選択肢が広がることが期待できるのです。
転職の際は、フロンドエンドエンジニア、かつ社内SEとして働くメリットもあります。フロンドエンドエンジニアで社内SEに転職したいなら、「社内SE転職ナビ」がおすすめです。
豊富な情報と独自のサポートでフロンドエンドエンジニアを含めたITエンジニアの転職を強力にサポートします。

社内SE転職ナビが選ばれる5つの特徴》

提案社内SE求人 平均25.6社
保有求人10,000件以上
入社後の定着率96.5%
業界TOPクラスの社内SE求人保有
IT業界に詳しいコンサルタントと面談
内定率がグッと上がる職歴添削、面接対策が好評

まとめ

フロンドエンドエンジニアまとめ

本記事では、フロンドエンドとは何かと、バックエンドとの違いやそれぞれのエンジニアの仕事について紹介しました。フロンドエンドエンジニアは、Webアプリケーション開発においてユーザーが操作する部分を開発するのが主な仕事です。
この記事を読んでフロンドエンドエンジニアの仕事に興味を持った方は、ぜひ以下の「社内SE転職ナビ」を通じて、自分にあったフロンドエンドエンジニアの仕事を見つけてみてください。

フロントエンドとは?バックエンドとの違いも含めて紹介

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事の目次
閉じる