SIerの志望動機の書き方とポイント【例文あり】アピールすべきことや注意点を解説

SIerの志望動機の書き方とポイント【例文あり】アピールすべきことや注意点を解説

SIerへの転職活動をしている中で、志望動機の書き方に迷っていませんか?

「何をアピールすればいいか分からない・・・」「志望動機を書く際の注意点が知りたい・・・」

このように、悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

本記事では、SIerへの転職を目指す方に向けて、志望動機の書き方を解説します。アピールポイントや注意点を、例文も交えて解説するのでぜひ参考にしてください。

ITエンジニア転職なら社内SE転職ナビ

社内SEの転職を検討しているなら、案件数業界トップの「社内SE転職ナビ」がおすすめです。保有案件は10,000件以上の中から、IT業界に詳しいエージェントが面談を通して、幅広い職種から自分に合った求人をご紹介。入社後の定着率も96.5%とマッチングには自信があります。社内SEへの転職に興味がある方は、ぜひ1度ご相談ください。

この記事の目次

SIerとは

SIerとは

SIer(エスアイアー)とは「System Integrator」の略称であり、情報システムを構築・導入する企業を指します。SIerの主要な役割は、企業や組織が日常的に使用するITシステムの設計から運用までを一貫して行うことです。また、異なる情報システムやアプリケーションを統合し、最適なIT環境を構築することも重要な業務となっています。

受託開発や自社アプリ開発を行う企業のように、特定のアプリケーションを作るのではなく、複数のシステムやインフラなども含めて、企業のシステム全体を構築・運用するのがSIerの仕事です。SIerはIT技術の専門家として、企業のニーズに応じた最適なシステムを提供する役割を担っています。

SIerとSE(システムエンジニア)の違い

SIerとSEは、IT業界でよく聞かれる用語です。ITシステムの開発や運用に関わる点は共通していますが、意味は大きく異なります。SIerは、情報システムの構築や導入を主な業務とする企業を指す一方、SE(システムエンジニア)はシステムの設計や開発、導入などの技術的な業務を担当する職業を指します。

つまり、SIerというITシステムを他社に導入する企業の中で働く技術者が、SEということです。ただしSEは、自社アプリ開発や受託開発などの企業で働くITエンジニアも含んだ広義の意味で使われることも多く、必ずしもSIerに所属しているわけではありません。

SIerの種類・パターン

SIerは、大きく以下の3つの種類に分かれます。企業の種類によっても志望動機に書くべき内容が変わってくるので、ここで紹介するそれぞれの特徴をしっかりと理解しましょう。

  • ユーザー系SIer
  • メーカー系SIer
  • 独立系SIer

ユーザー系SIer

ユーザー系SIerは、特定の業界や企業のITニーズに特化してサービスを提供するSIerです。大手企業や公的機関の内部IT部門として活動し、その組織固有のシステム開発や運用を担当します。

メーカー系SIer

メーカー系SIerは、主にIT機器メーカーやソフトウェアメーカーの子会社として、SIサービスを提供するSIerです。自社の製品を中心としたシステムの提案・構築を得意とし、幅広い業界へのソリューションを展開します。

独立系SIer

独立系SIerは、特定のメーカーや業界に属さず、中立的な立場からシステムの提案・構築を行う企業を指します。親会社がいないため、独自の方針で多様な技術やソリューションを駆使して、サービスを提供できるのが特徴です。

SIerの主な仕事内容

SIerの主な仕事内容

SIerは、企業や組織の情報システムの全体像を構築・維持・最適化する役割を担います。その主な仕事内容は以下のとおりです。

・要件定義
・システム設計
・システム開発
・運用保守

要件定義では、顧客のビジネスニーズや期待を正確に捉え、どのようなシステムが必要かを明確にします。次に、システム設計でその要件をもとに、具体的なシステムの構造や機能を計画します。この段階で、将来の拡張性や既存システムとの連携など、システムの機能以外の様々な面を考慮するのが、Slerに求められる重要な役割です。

システム開発の工程では、設計に従って実際にシステムを構築し、テストで品質を確認します。プログラミングなどの実装は派遣SEや下請け企業などの外注先に委託し、Slerは品質のチェックや進捗管理などのマネジメントを行うケースが多い傾向にあります。

また、システム稼働後の日常的な運用サポートや障害が発生した際の対応など、運用保守もSlerの仕事です。

SIerに必要な知識やスキル

SIerに必要な知識やスキル

ここではSIerに必要な知識やスキルの中で、特に重要な以下の4つを紹介します。志望動機を書くうえでのアピールポイントとなるため、以下の解説を参考に自身のスキルを棚卸してみてください。

  • プログラミングスキル
  • 設計スキル
  • マネジメントスキル
  • コミュニケーションスキル

プログラミングスキル

システム開発の中心は設計や実装であり、このプロセスにおいて中心となるのがプログラミングスキルです。SIerは上流工程を主に担当し、プログラミングを行わないケースも多くありますが、質の高い設計やコードのレビューを行うためにもプログラミングの知識が必要とされます。

そのためSIerに入社した新入社員は、まずプログラミングから覚えるケースが一般的です。

設計スキル

SIerの中心的な業務がシステムの設計です。設計スキルは、顧客の要求を具体的なシステムの構造や機能に変換する能力を必要とします。これには、プログラミングのスキルに加え、全体のフローやデータベースの構築、インターフェースの設計など、多岐にわたる知識が求められます。

優れた設計を行うには、将来的な拡張性やコードの保守性など、様々な要素を考慮に入れることが重要です。

マネジメントスキル

マネジメントスキルはSIerにとって非常に重要なスキルです。タスクの優先順位付け、リソースの最適な配分、進捗の管理、品質の保証、チーム内のコミュニケーションの最適化など、多岐にわたる能力が求められます。

マネジメントスキルを身につけるには、幅広い知識と豊富な経験が求められるため、SIerにとって最も価値の高いスキルといえます。

コミュニケーションスキル

SIerとして成功するためには、高いコミュニケーションスキルも必要です。

顧客やチームメンバーとの円滑なコミュニケーションは、要件の正確な理解やプロジェクトのスムーズな進行のために不可欠です。また、技術的な内容を専門外の人にもわかりやすく伝える能力や、異なる意見をまとめて最適な解決策を見つけ出す力も求められます。

SIerに求められる人物像

SIerに求められる人物像

SIerに求められる人物像として、非常に重要な要素が「責任感」です。SIerではPMやリーダーを任されることが多く、メンバーのミスや技術的なトラブルなどの様々な問題に対処しながら、責任を持ってプロジェクトを成功に導かなければなりません。

もう一つ重要な要素が、「相手の立場になって考えること」です。特に、クライアントの立場になって考えることが求められます。エンジニアは、高い技術を持ち合わせていることから、技術的な視点で考えてしまう傾向にあります。そのため、クライアントの目線で考えることが、クライアントが求めるサービスを提供するために重要です。

SIerの志望動機の書き方と重要なポイント

SIerの志望動機の書き方と重要なポイント

ここではSIerの志望動機の書き方と重要なポイントを解説します。以下の5つのポイントが志望動機に入っているか、チェックしてみてください。

  • SIerが求める人材像を把握する
  • 結論から書く
  • SIerで働きたい理由を明確にする
  • これまでの経験をアピールする
  • 入社後のプランを明確にする

SIerが求める人材像を把握する

まずは、SIerに求められる人材像を正確に理解することから始めましょう。いくら自分が高いスキルや豊富な知識を持っていても、相手の企業が求めているものでなければアピールになりません。

本記事で紹介した、SIerに必要なスキルや求められる人物像を把握し、自身に該当する部分を強くアピールすると良いでしょう。また、SIerの中にも種類があるため、漠然としたSIerのイメージではなく、その企業が求める人材像を把握することが重要です。

さらに、相手企業の業種や業界特有の知識もおさえておくと、より適切なアピールが可能になります。

結論から書く

履歴書の文章は結論から書くことを意識しましょう。すべてのビジネスマンに共通しますが、相手に分かりやすく伝えるには、結論から書くことが基本です。

特にSIerでは、論理的な思考力が非常に重要視されます。まず結論から書き、その後に理由や具体例を続けて書くことで、論理的に説明する能力のアピールが可能です。反対に論理的ではない文書を書いてしまうと、評価が下がってしまう可能性があります。

結論から文章を書く方法として、PREP法がおすすめです。PREP法とは、結論、理由、具体例、結論の順で書く方法のことで、これにより相手に分かりやすく伝えられます。

SIerで働きたい理由を明確にする

中途採用者の採用において、志望動機は大きな判断基準となります。そのため、SIerで働きたい理由を明確にして伝えることは、非常に重要です。

SIerで働きたいという希望だけでなく、なぜその企業や職種を選んだのか、自分のこれまでのキャリアや経験がどのようにその選択とリンクしているのかを具体的に説明することで、あなたの真剣さや熱意が伝わります。

「新しい環境でのチャレンジを求めている」といった抽象的な理由ではなく、明確で具体的な志望動機を伝えられるようにしましょう。

これまでの経験をアピールする

SIerへの転職を目指す際、これまでの経験をいかに効果的にアピールするかがカギとなります。

具体的には、過去のプロジェクトでの成功体験、取り組んだ技術領域、チームでの役割や達成した成果を明確に伝えることが重要です。それにより、あなたがSIerとしてどのような価値をもたらすことができるのか、採用担当者に具体的なイメージを持ってもらうことが可能となります。

また、失敗経験とその経験から学んだことを正直に伝えることも、成長意欲や向上心をアピールするための重要なポイントです。

入社後のプランを明確にする

入社後の具体的なビジョンやプランを明示することは、志望動機の説得力を大きく高めます。

具体的に「入社後は◯◯のプロジェクトに携わり、自らの△△のスキルを活かして成果を上げたい」のように明確に計画を示すことで、あなたの真剣さや将来への展望が伝わります。

その際には、スキルや経験、強みなどを絡めて説明するのがポイントです。これにより、単に熱意が伝わるだけでなく、あなたが持つスキルや経験が活かせることを、採用担当者にイメージしてもらうことにつながります。

SIerの志望動機を書く際の注意点

SIerの志望動機を書く際の注意点

SIerの志望動機を書く際の注意点を2つ紹介します。以下の2つに該当する志望動機は、採用担当者にマイナスの印象を与える可能性があるため注意しましょう。

  • 定型的な内容にならないようにする
  • ネガティブな転職理由は控える

定型的な内容にならないようにする

SIerの志望動機は、他の志望者との差別化がポイントです。

相手企業が求める人材像を把握することが重要と解説しましたが、相手ばかりを意識しすぎると、同じようなアピール内容になってしまいます。企業側が求めるものを理解しつつ、いかに自分のスキルや経験、強み、性格などが企業にマッチしているかを、具体的に説明できるようにしましょう。

ネガティブな転職理由は控える

転職希望者が志望動機を述べる際、前職に関する否定的な内容や不満を強調するのは避けるべきです。例えば、「前職の給与が低かった」や「上司との関係がうまくいかなかった」といった内容は、採用担当者に不安感を与える可能性があります。

仕事のやりがいや自身のキャリアアップなど、ポジティブで前向きな理由を中心に伝えましょう。

SIerの志望動機でアピールしておきたいこと

SIerの志望動機でアピールしておきたいこと

SIerの志望動機でアピールしておきたい内容を4つ紹介します。志望動機に自身の経験や強みを上手く絡めることで大きなアピールになるため、ぜひ取り入れてみてください。

  • 専門知識やスキル
  • IT関連の資格
  • インターンシップへの参加経験
  • コミュニケーションとマネジメントスキル

専門知識やスキル

SIerへの転職を希望する際、あなたの持つ専門知識やスキルは最も重要なアピールポイントです。専門性の高さや特定の技術に関する知識だけでなく、それらを活用した実務経験やプロジェクトでの実績を示すことで、人材としての価値を際立たせることができます。

説明する際は、専門知識やスキルをどのように活用して課題を解決したり成果をあげたりしたのか、具体的に書くことが重要です。「原価を◯◯%改善」や「△△人日前倒し」など、数字を絡めて説明できると、結果を出せる人材であることをよりアピールできます。

IT関連の資格

IT関連の資格取得もアピールポイントです。SIerでは、単純な知識の有無よりも、実務での経験が重視されます。ですが、アピールできる実務経験が不足している場合は、資格によって専門知識の広さや深さを客観的に示すことで、経験不足を補うことができます。

ITの広い知識を証明する応用情報技術者や、プロジェクトマネジメントの知識を証明するPMP、クラウド技術や特定のプログラム言語に関する認定資格など、専門分野や興味に合わせた資格を取得し、アピールにつなげましょう。

資格の取得によって、知識の証明だけでなく学習意欲をアピールすることも可能です。

インターンシップへの参加経験

SIerへの転職活動では、インターンシップへの参加経験が、他の志望者との差別化になります。インターンシップに参加することで、実際の業務環境での学びや経験を得られるため、実践的な能力や業界への理解度をアピールできます。また、行動力や学習意欲のアピールも可能です。

インターンシップは学生が参加するイメージがあるかもしれませんが、中途採用向けのインターンシップを行っている企業もあります。アピールできる実績やスキルが不足している場合や、採用の確度を上げたい場合などは、インターンシップの活用を検討してみましょう。

コミュニケーションとマネジメントのスキル

SIerとしての技術力や専門知識以外に、コミュニケーションやマネジメントのスキルも求められます。

コミュニケーションスキルをアピールするには、単純な会話のスキルではなく、プロジェクトでの経験を伝えることが重要です。プロジェクトメンバーや複数の部署、外部パートナーと連携した経験や、その際に工夫した点などを伝えましょう。

マネジメントスキルも、タスクの進捗管理やメンバー間の調整、リスクの予測と対策など、プロジェクトでの経験が重要です。上手くいった経験だけでなく、失敗した経験や問題を解決した経験など、困難を乗り越えた事例を交えると、より強いアピールになります。

SIerの志望動機の例文3選

SIerの志望動機の例文3選

SIerの志望動機の例文をケース別に3つ紹介します。志望する企業や自身の状況に合わせて、参考にしてください。

ユーザー系/メーカー系SIer向けの例文

ユーザー系やメーカー系SIerでは、親会社からの依頼で仕事をするケースが多いため、親会社の業種や扱っているサービスに関する動機や経験を交えることが重要です。

下記の例文では、金融業界に貢献したいと感じた経緯と、自身が企業に貢献できると考えた理由を伝えています。

【例文】

私が貴社を志望した理由は、金融という日本の経済を支える重要な役割の一端を担うことで、社会に貢献したいと考えたからです。現職でも大規模な金融機関向けシステムを構築した経験があり、社会的責任の大きな仕事に対して強いやりがいを感じました。

現職ではプロジェクトマネージャーとして、特にリスクの管理と品質の保証に尽力した経験があります。これまでの経験で得た金融システムの専門知識とマネジメントスキルを活かして、貴社に貢献したいと考えております。

独立系SIer向けの例文

独立系SIerは親会社がいないため、独自の経営方針で事業を行えます。会社のビジョンや方針を確認し、その会社の事業内容に合った志望動機を書くようにしましょう。

下記の例文では、様々な業種のシステム開発を行うことが、エンジニアとしての成長につながる点を強調しています。ただやりたいことを書くだけでなく、どのように貢献できるかなど、入社後のプランを明確にしている点もポイントです。

【例文】

私が貴社を志望した理由は、より多くのシステム開発に携わりたいと思ったからです。

現職では金融系のシステム開発を中心に行ってまいりました。しかし、今後は様々な業種のシステム開発を経験することで、エンジニアとしてステップアップできると考えました。

貴社は多くの業界のシステムを開発されていますが、特に公共系のシステム開発において、これまで大規模な金融システムを構築してきた私の経験が活かせると考えております。

ITエンジニア未経験者向けの例文

SIerの中途採用では、即戦力が求められる傾向にありますが、企業によっては未経験者を募集しているケースもあります。

未経験の場合、現職の経験が活かせる点や、熱意、学習意欲などをアピールしましょう。未経験というハンディキャップを補うには、少なくともプログラミングなどのITスキルを学習しているというアピールは必須です。

下記の例では、現職で得た会計の知識が活かせる点と、プログラミングスクールでスキルを習得した点をアピールしています。

【例文】

私は現職で会計担当として5年間従事してきました。社内の会計システムを日々利用する中で、学生時代に抱いていたIT業界で働くという夢が再燃し、未経験者の募集をしている貴社に応募した次第です。

貴社を選んだ理由は、貴社が会計パッケージ◯◯を全国№1にするという高い目標を掲げており、その理念に共感するとともに、現職で得た会計の知識を活かして貢献できると考えたためです。

私はエンジニア職に就いた経験がありませんが、プログラミングスクールに通い、△△を習得いたしました。このスキルと過去に取得した簿記2級の知識を活かして、貴社でエンジニアとして活躍できればと考えております。

SIerの求人なら社内SE転職ナビ

SIerの求人なら社内SE転職ナビ

SIerの求人をお探しの方は、社内SE転職ナビをご利用ください。社内SE転職ナビでは、Slerの求人を豊富に取り揃えています。

IT業界の知識を豊富に持ったコンサルタントが、様々な種類のSIer案件の中からあなたに合った求人を提案します。

一人ひとりに寄り添ってサポートするので、転職先に迷われている方もぜひお気軽にご相談ください。

社内SE転職ナビが選ばれる5つの特徴》

提案社内SE求人 平均25.6社
保有求人10,000件以上
入社後の定着率96.5%
業界TOPクラスの社内SE求人保有
IT業界に詳しいコンサルタントと面談
内定率がグッと上がる職歴添削、面接対策が好評

まとめ

Sler志望動機まとめ

本記事では、SIerへの転職を検討中の方に向けて、SIerの種類や仕事内容、求められるスキル、志望動機の書き方と注意点などを解説しました。

SIerの志望動機を書く際は、まず相手の企業が求めるスキルや人物像を把握し、的確にアピールできるようにしましょう。また、スキルや実績をアピールする際は、具体的な経験を交えて、どのように業務に活かせるかをイメージさせることが重要です。

本記事では、ケース別の志望動機の例文も紹介しています。SIerへの転職を目指す方は、本記事を参考に志望動機を作成し、希望する企業への転職を成功させてください。

SIerの志望動機の書き方とポイント【例文あり】アピールすべきことや注意点を解説

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事の目次
閉じる