面接マナー(オフライン編)

面接マナー(オフライン編)

面接では、受け答えだけでなく身だしなみや面接中の振る舞いがとても重要です。
今回はオフラインの面接で知っておくべきマナーだけでなく、よくある質問についてもお答えします。

この記事の目次

服装のマナー

基本的にはスーツが無難

あまりにも皴がよっていると印象が良くないので、普段着用していない場合は事前にアイロンがけしておきましょう

スーツで出社すると現職に転職活動がバレそう

襟付きのシャツにジャケットを着用するなど、オフィスカジュアルであれば問題ない企業も多くあります。
また、企業によっては私服可の場合も。服装について不安がある場合、エージェントを利用している際はエージェントに相談しましょう。

面接会場到着、受付でのマナー

面接会場へ到着し、受付をするところから面接はスタートしていると意識しましょう。

遅刻は絶対にしないこと

遅刻は絶対にしてはいけません。会場への行き方事前に調べ、当日は余裕を持って移動できるようにしましょう。やむを得ない理由で遅れてしまいそうなときは、必ず電話で採用担当者の方へ連絡を入れましょう。

5分前には受付へ

到着が早すぎるのも、実は企業にとって迷惑になります。受付には5分前を目処に向かいましょう。15分前に会場に到着を目指すと、受付も余裕を持ってできます。受付では、「本日、○時から○○部の◯◯様と面接のお約束をしております、△△と申します」とゆっくり丁寧に伝えましょう。

面接待ちの時間も気を抜かないこと

面接までの待ち時間、控え室に通されることがほとんどです。控え室に先客がいる場合、迷惑にならないように席に着き、面接を待ちましょう。

会場に到着した瞬間から面接は始まっている!

面接をするのは面接官ですが、受付での印象もチェックされている可能性があります。社員の方とすれ違う際は挨拶をするなど、面接会場に到着した瞬間から、面接は始まっていると意識して振る舞いましょう。

面接時の入室マナー

面接へ案内されたら、まず入室です。入室の際の印象は、その後の面接に大きく影響しますので、入室マナーを確認しましょう。

入室の前に、ドアをノック

入手する前に必ずドアをノックします。ノックした後も、「どうぞ」と返答があってから入手するようにしましょう。返答がない場合は、再度ノックし「失礼いたします」とひと声かけてからドアを開けます。間違ってもいきなりドアを開けてしまわないように注意しましょう。

ドアの閉め方は丁寧に

ドアを開けて「失礼します」と挨拶をしたら、必ずドアを閉めます。この時、必ずドアの方向を向き、両手でドアを閉めて下さい。後ろ手でドアを閉めてしまうのはルール違反、悪い印象を与えてしまいかねません。

面接官が後から入室する場合

席が決まっていない場合は下座に座ること。面接室で面接官を待つことも十分あり得ます。特に指定されなかった場合は、下座の席の横に立って待つようにしましょう。下座とは、出入り口から一番近い席のことです。面接官が入室した際の挨拶を忘れないようにしましょう。

面接中のマナー

いよいよ面接がスタート。面接中に気をつけるべきマナーについて紹介していきます。

勝手に着席しないこと

椅子の横で「よろしくお願いします」と挨拶を済ませた後、勝手に座ってはいけません。「どうぞ」と着席を促されるまで待ちましょう。「どうぞ」と言われたら「失礼いたします」と言って着席します。

着席時の姿勢も大事

面接中の姿勢はとても重要です。背筋を伸ばして、手は男性なら両膝の上で軽くにぎる、女性なら両膝の中央で手を重ねておくのが良いでしょう。

退出のマナー

緊張の面接が終わり、退出する際に気が抜けてしまうことがあるので要注意!退出する際のマナーについて紹介します。

お礼の挨拶は立ってから

面接が終わったら、まず身の回りのものを整理します。例えば、書類やいただいた名刺を持っているなら、着席したままカバンに入れましょう。動作はひとつずつ行うのがポイントです。椅子の横に立ち、「ありがとうございました」と一礼してから退出口へ向かいます。

ドアを開ける前に、一礼すること

退出する際は、ドアを開ける前に面接官の方を振り返って一礼します。一礼した後は、必ずドアの方を向いて両手でドアを開け退出します。

面接会場を出るまで気を抜かないようにしよう

面接を終えて、面接会場を後にするまで気を抜かないようにしましょう。見送りをしてもらった際は「ここで失礼いたします」と一礼し別れます。

面接で失敗しないために

面接で失敗しないためには、面接の流れを把握しきちんと準備をしておくことが大事です。万が一のことが起こった場合にも、速やかに連絡できるよう採用担当者の連絡先を控えておくなど、スムーズに対応できるよう万全の対策をしておきましょう。

ITエンジニア転職なら社内SE転職ナビ

社内SEの転職を検討しているなら、案件数業界トップの「社内SE転職ナビ」がおすすめです。保有案件は10,000件以上の中から、IT業界に詳しいエージェントが面談を通して、幅広い職種から自分に合った求人をご紹介。入社後の定着率も96.5%とマッチングには自信があります。社内SEへの転職に興味がある方は、ぜひ1度ご相談ください。

面接マナー(オフライン編)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事の目次
閉じる