転職エージェントの面談とは?受けるメリットと活用するコツを解説!

転職エージェントの面談とは?受けるメリットと活用するコツを解説!

転職活動をはじめるにあたって、自分のこれまでの経歴や強みの棚卸しといった自己分析をはじめ、業界や職種、志望企業について調べていくことが求められます。ただ、自己流で進めていく中で、自己分析や業界研究が、はたして合っているのか不安を感じられる方も多いと思われます。

まずは自分自身で自身の強みを考え、志望する業界や企業を研究することは大切ですが、転職エージェントの面談を受ければ、自分の経歴や強みを客観的に捉え、可視化し、転職活動を効率よく有利に進めることができます。

本記事では転職エージェントと面談するメリットや活用方法について解説します。

面談を通じて、自己分析や業界研究、志望企業への理解度が深まると、転職活動に有利に働くようになるため、ぜひ参考にしてください。

ITエンジニア転職なら社内SE転職ナビ

社内SEの転職を検討しているなら、案件数業界トップの「社内SE転職ナビ」がおすすめです。保有案件は10,000件以上の中から、IT業界に詳しいエージェントが面談を通して、幅広い職種から自分に合った求人をご紹介。入社後の定着率も96.5%とマッチングには自信があります。社内SEへの転職に興味がある方は、ぜひ1度ご相談ください。

この記事の目次

転職エージェントの面談とは

転職エージェントの面談とは

転職エージェントの面談とは、求職者の転職をサポートするために、求職者とエージェントでコミュニケーションを取る場になります。転職エージェントが、転職の理由や背景、どのような転職活動、どういった企業へ転職したいのか。また、今後のキャリアをどのように築いていきたいのか。それにマッチした業界や企業、職種は何か。など、求職者の状況や希望に合わせて、よりよい転職先を紹介、内定まで支援していくためのヒアリングを行っていきます。

転職エージェントの面談の主な目的

  • 転職の目的・背景を確認する
  • 今後歩んでいきたいキャリアについてすり合わせを行う
  • 現在の転職市場の状況を理解する
  • 希望する業界・職種をはじめ、条件面や優先順位のすり合わせを行う
  • 今後の業界状況、どのようなスキル・経験が必要かなど理解を深める
  • 今回の転職活動の方向性・ゴールを決める
  • 書類選考を通りやすくするために履歴書・職務経歴書を確認・記述のアドバイスを行う
  • これまでの話を踏まえ、マッチする企業や求人を紹介する
  • どのような企業なのか、職場雰囲気や採用担当者の人柄など、企業や求人の内容理解を深める
  • 求職者の希望に合わせて、応募や今後の求人紹介の仕方、今後の連絡方法などを取り決める

エージェントとの面談では、ただ単にこれまでの経歴や希望条件を伝えるだけでなく、求職者にとってベストな結果になるために必要なさまざまな情報を共有、すり合わせを行いながらすすめていきます。

また、職務経歴書や自己アピールなど、第三者に客観的に確認、アドバイスをもらうことで、より中身が深い自己分析や書類を作ることができます。転職活動において満足のいく結果を得るためには、転職エージェントの面談が大きな役割を担います。

あわせて読みたい
人材紹介会社とは? 7つのメリットと失敗しない選び方を解説! 「人材紹介会社ってどんなサービスをしてくれるの?」 「たくさんある人材紹介会社を、どう選んだらよいかわからない…」 転職活動をされる際、このようなお悩みを持つ方...

転職エージェントの面談を受けるメリット

転職エージェントの面談を受けるメリット

転職エージェントの面談を受けるメリットは、以下になります。

  • 改めて自分の転職理由や目的、考えを整理できる
  • 転職市場における自分の立ち位置を把握できる
  • 自分のキャリアを棚卸しできる
  • キャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 志望する業界や職種の状況について詳しく教えてくれる
  • 求人票には書かれていない企業の中身について教えてくれる
  • 精神的なサポートをしてもらえる

転職エージェントとの面談は、自分のキャリアプランを見直す機会につながります。

面談を受けるメリットについて、順番に解説します。

改めて自分の転職理由や目的、考えを整理できる

スタートの時はそこまで問題ありませんが、転職活動を進めていく中で、自分自身の気持ちや取り巻く環境が変わることで、そもそも自分はなぜ転職したかったのか迷ったりするケースがあります。そんな時に、エージェントと話すことで、自分の本心に気づき、改めて自分の転職理由や目的、転職するにあたって、どのポイントを大切にすべきかなど、本当に進みたかった道が見えてくることがあります。

転職したいと考えていても、色んな企業や求人に出会うことで、自分が何をしたいのかあいまいになってくる場合もあります。例えば、本当は新しい分野でチャレンジしたいのに、結局は自信が持てずに無難な選択をしてしまっている人もいるでしょう。

エージェントと話をすると、そもそもの転職理由や、自分の転職基準、また、自分の興味がある分野やスキルの使える仕事は何かに気づけるはずです。

転職市場における自分の立ち位置を把握できる

自分のスキルやキャリアが、転職市場でどれほどの価値を持つのか把握できます。当たり前ですが、転職は他の候補者との競争でもあります。そのため、今の転職市場において、自分の市場価値はどうなのかを把握することは非常に重要になります。

自分の立ち位置を把握するメリットは以下のとおりです。

  • 自分のスキルにあった収入が把握できる
  • 自分の保有するスキルで働ける企業がわかる

自分の立ち位置が把握できると、自分が応募すべき求人や企業はどこかを明確に定めることができるため、より効率的に転職活動を進めることができます。無駄なく転職活動を行えるようになり、自分に合った転職先を効率よく見つけられるでしょう。

自分のキャリアを棚卸しできる

転職エージェントの面談は、スキルや経験など自分のキャリアを棚卸しする貴重な機会になります。

キャリアの棚卸しを支援してもらえると、今まで見過ごしていた自分の強みや潜在能力を発見できるためです。

例えば、仕事の中で人から頼りにされたときにモチベーションが上がる、主体的に仕事に取り組む方が力を出せるなどの強みが明らかになります。明らかになった強みから「インフラエンジニアが向いている」「社内SEが向いている」などキャリアの方向性も見えてくるでしょう。

エージェントとキャリアを棚卸しできれば、今後のキャリアを明確にできます。

キャリアプランを一緒に考えてくれる

転職エージェントは転職のサポートだけでなく、今後の自分のキャリアを見ながら、将来的なキャリアプランを一緒に考えてくれます。

キャリアプラン作成に必要な情報は以下のとおりです。

  • 過去の経験
  • 現在のスキルセット
  • 将来の目標

相談次第では、転職先の情報だけに限らず将来的なキャリアプランを相談できます。

エージェントは得られた情報から、自分が考える理想の未来に対して、目標に必要なスキルや実現可能なキャリアプランや必要なスキルなどについて助言してくれるでしょう。

転職はキャリアプランを達成するための手段の1つでしかありません。将来も含めた総合的なキャリアの相談も行える点が、転職エージェントによる面談のメリットです。

あわせて読みたい
キャリアパスとは?その描く理由と方法|5つのステップ 転職や採用の場面において「キャリアパス」という言葉をよく聞くようになりました。キャリアパスという言葉は、実際に聞いたことがあっても、意味をしっかりと理解して...

志望する業界や職種の状況について詳しく教えてくれる

転職エージェントは、当たり前ですが、採用企業から収益を得ています。そのため、採用企業についてだけでなく、企業を取り巻く業界や職種の状況を把握した上で、どのような候補者を推薦すればよいかを把握しています。

そのため、転職エージェントを活用しながら、業界や企業研究をすることで、転職活動を有利に進めることができます。

もちろん、転職エージェントにも向き不向きがあり、求職者が希望する業界の市場や労働状況などを知らないケースもあるため、自身が希望する業界や職種について詳しい人材紹介会社や転職エージェントを見つけて、向き合う必要があります。

求人票には書かれていない企業の中身について教えてくれる

転職エージェントは、企業から直接、候補者探しを依頼されるにあたって、その企業や求人、募集背景、どのような仕事環境なのか、どういった候補者がマッチするのか、など企業から深くヒアリングしています。同時に、現在の転職市場において、どういった候補者を企業へ紹介すればよいかを経験則で把握しています。

そのため、求人票に記載されている情報以上の内容を把握していることが多いです。同時に、求人票では記載することができない内部情報や、本当の意味での募集背景なども把握しているケースがあるため、志望する企業や求人についての情報を提供してくれるだけでなく、その内容を前提に、あなたがその求人にマッチするかどうかを適切に判断し、内定をもらうための必要な事前対策を提示してくれます。

精神的なサポートをしてもらえる

転職活動は平均3~6か月、長い方で1年以上活動をするケースもあります。希望する条件のハードルが高かったり狭かったりすると、長期戦を覚悟したほうがよいです。また、書類選考や面接で落ちるケースもあるため、モチベーションの維持が大変難しいです。

そのため、転職エージェントは、求職者に対して安心して転職活動をし続けてもらえるようにメンタルサポートも実施しています。

転職活動中は、「今の仕事をやめること」や「新しい環境へ適応できるか」の不安が大きくなりがちです。転職に不安を感じているままでは、思ったように転職活動を進められなくなるでしょう。また、書類選考や面接で落ちるケースが続くと、「なぜ落ちたのか?」といった自己分析が必要になります。自分だけだと気づけない点を、転職エージェントと話すことでクリアになり、次の選考確度を、より高めることができます。

転職活動を成功させるために、少しでも不安を感じる点があるならエージェントに相談しましょう。

効果的な転職エージェントの活用方法

転職エージェントの面談の活用方法

効果的な転職エージェントの活用方法は以下の4つです。

  • 希望する条件をはっきりと伝える
  • 正直に話す
  • 紹介してもらった求人は自分でも調べる
  • すぐに転職するつもりがなくても相談して良い

よりよい転職先を見つけるために、転職エージェントを効果的に活用する方法をチェックしましょう。

希望する条件をはっきりと伝える

希望する条件をはっきりと伝えられると、自分の希望がエージェントに伝わりやすくなります。

エージェントには、以下の具体的な条件を提示しましょう。

  • 転職時期
  • 年収
  • 職種
  • 働き方

伝えた転職条件に合わせて、転職エージェントが希望に合う求人を紹介してくれます。

ただし、すべての条件に一致する求人は少ないため、何の条件を優先して転職先を探すのか決めることもポイントです。

希望する条件を伝えられていないと、エージェントがよかれと思って提案した内容が、実際には自分の希望とまったく異なる結果になるでしょう。

自分のキャリアにとって最適な選択をするためにも、自分の要望を明確に伝えて共有することが、転職成功への第一歩になります。

正直に話す

自分の要望に合った職場を紹介してもらうため、転職エージェントに自分の情報を正直に話しましょう。

エージェントに対して、正直に話すことは以下のような効果が期待できます。

  • エージェントとの相互理解が深まる
  • 適切なアドバイスや求人の提案につながる

悪い面を隠して自分を大きく見せてしまうと、エージェントが適切な求人を紹介できず、企業と求職者のミスマッチにつながります。本当のことを言わないと、エージェントに信頼できる人だと感じてもらえず、紹介できる求人を制限されてしまうでしょう。

お互いにとってよい転職活動を進めるため、自分の情報は正直に話しましょう。

紹介してもらった求人は自分でも調べる

エージェントに紹介された求人がすべて自分に合ったものだとは限らないため、自分でもチェックしておくことが大切です。

エージェントは業界や企業についてさまざまな情報を持っているため、教えられた情報は正しいものだと感じることもあります。しかし、エージェントの情報すべてを鵜呑みにしてしまうと、転職後に職場のイメージと現実のギャップを感じて後悔することもあります。

エージェントによっては、その企業について詳しく知っていることもあれば、初めて対応する企業の場合もあります。最終的な転職の決断は自分自身の責任で行うため、後悔しないように自分でも調べましょう。

すぐに転職するつもりがなくても相談して良い

すぐに転職する意思がない場合でも、転職エージェントの面談を受けることには以下のメリットがあります。

  • キャリアの棚卸しやキャリアプランの明確化できる
  • 自分の市場価値の把握できる
  • 自分の気持ちを整理する機会が得られる

将来的に転職を考えた際に、自分自身の状況を正確に理解していれば、迅速に行動に移す準備ができます。

早めに一度相談しておくと、転職市場の動向を踏まえて最適なタイミングで転職活動を開始できるでしょう。

転職エージェントの使い方

転職エージェントの面談の利用方法は以下の3つです。

  • 人材紹介会社のサービスに登録する
  • 面談の方式を選択する
  • 複数のサービスを活用する

人材紹介会社のサービスに登録する

転職エージェントの面談を受けるためには、人材紹介会社のサービスに登録しましょう。人材紹介会社とは、仕事を探している人と従業員を採用したい企業の間に入って、転職のサポートを行うサービスです。

人材紹介会社の多くは、採用に成功した企業から報酬を受け取るため、求職者は無料で利用できます。

面談は自分の転職活動の状況に合わせて申し込みできるため、人材紹介会社の登録だけは先に済ませておくことをおすすめします。

人材紹介会社を利用するメリットについて以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

あわせて読みたい
人材紹介会社とは? 7つのメリットと失敗しない選び方を解説! 「人材紹介会社ってどんなサービスをしてくれるの?」 「たくさんある人材紹介会社を、どう選んだらよいかわからない…」 転職活動をされる際、このようなお悩みを持つ方...

面談の方式を選択する

面談の方式を選択する

転職エージェントとの面談を希望する際、3つの方式を選択できるケースが多いです。

各形式の特徴は以下のとおりです。

面談方式特徴
オンライン・場所を選ばず参加可能 ・移動時間が不要で効率的 ・プライバシーが保護されやすい
対面・直接コミュニケーションが取れる ・非言語的なコミュニケーションも可能 ・より深い相互理解が得られる
カジュアル・リラックスした環境での面談 ・非公式な雰囲気で開かれる ・フレンドリーな会話が可能

オンライン面談は、コロナ以降、メインとなる面談方式です。場所を選ばず参加できるため、時間の節約にもなります。

対面面談は直接、人材紹介会社に訪問し、エージェントと会う面談方式です。直接、人材紹介会社に出向くことで、「その企業は安心して転職活動を支援してくれそうか」「エージェントの対応は問題ないか」といったエージェントの良し悪しを直接吟味するだけでなく、対面で話すことでより深いコミュニケーションが取れるため、オンライン面談より、密に関係性を深めることができます。

カジュアル面談は、まだ転職するかどうかわからないといったフラットな状態で活用しやすい面談です。まずは情報収集したい、といった希望に合わせて、現在の転職市場やどのような求人があるのか、自分のキャリアや経歴は市場価値としてどうなのか、など、よりリラックスした形で自分のキャリアについて話すことができます。

各方式の特徴を理解して自分に最適な面談方法を選ぶと、転職活動をより効果的に進められます。

複数のサービスを活用する

転職エージェントごとにそれぞれの強みや特色があるため、複数のサービスを併用しながら自分に最も合うサービスを見つけるのが、効果を最大化する方法です。

自分に合ったサービスかを判断する観点には以下のようなものがあります。

  • 自分の進みたい業界に詳しいエージェントが担当になった
  • 条件のよい求人を複数提示された
  • 親身になってくれるエージェントがいた

通常、転職活動を効率よく進めるために、平均3~4社の転職エージェントを利用するケースが多いです。1つのエージェントだけでは、よい求人が見つからない可能性もあるため、複数のサービスを利用して、自分に有利な条件で提案してくれる最適なエージェントを見つけましょう。

面談を受けるなら社内SE転職ナビ

面談を受けるなら社内SE転職ナビ

社内SEの転職を検討しているなら、案件数業界トップの「社内SE転職ナビ」がおすすめです。IT業界に詳しいエージェントとの面談を通して、幅広い職種から自分に合った求人を選べます。

エージェントが面談を通して自分に合った求人を紹介してくれるため、満足度の高い転職先が見つかるでしょう。社内SEへの転職に興味がある方は、ぜひ1度ご相談ください。

業界トップクラスの求人の中から優良企業を選べるため、満足度の高い転職先が見つかるでしょう。社内SEへの転職に興味がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

《社内SE転職ナビが選ばれる5つの特徴》

提案社内SE求人 平均25.6社
保有求人10,000件以上
入社後の定着率96.5%
業界TOPクラスの社内SE件数
IT業界に詳しいコンサルタントと面談
幅広い職種の社内SE求人

まとめ

本記事では、転職エージェントと面談したときに得られるメリットや活用方法について解説させて頂きました。

転職エージェントを活用して転職を成功させるポイントの1つは、エージェントとの面談を充実させることです。転職エージェントと面談して希望する条件を正確に伝えられると、積極的な情報提供やよい求人の紹介などが期待できます。

少しでも転職活動をよいものしたいと考えているなら、転職エージェントと面談して良い関係を構築しましょう。

転職エージェントの面談とは?受けるメリットと活用するコツを解説!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事の目次
閉じる