面接に落ちすぎてつらい(転職活動中)

面接に落ちすぎてつらい(転職活動中)

 転職活動中、なかなか内定がもらえず転職活動が長引くと、モチベーションが低下してしまう方も多いのではないでしょうか。

転職活動中にモチベーションが上がらないことはよくあることです。

転職先がなかなか決まらなかったり、転職したい企業の求人が見つからなかったりする時はモチベーションも上がりませんよね。

しかし、転職活動中はモチベーションを保って根気強く続けることも時には必要です。

今回は、転職活動中にモチベーションが下がる原因やモチベーションを下げずに保つ方法を紹介していきます。

ITエンジニア転職なら社内SE転職ナビ

社内SEの転職を検討しているなら、案件数業界トップの「社内SE転職ナビ」がおすすめです。保有案件は10,000件以上の中から、IT業界に詳しいエージェントが面談を通して、幅広い職種から自分に合った求人をご紹介。入社後の定着率も96.5%とマッチングには自信があります。社内SEへの転職に興味がある方は、ぜひ1度ご相談ください。

この記事の目次

転職活動中のモチベーションの保ち方

転職活動中のモチベーションの保ち方


 転職活動を成功させるためには、モチベーションを保ちながら根気良く続けることが大切です。

ここでは、転職活動中にモチベーションを保つ方法を紹介します。

将来像を明確にする

モチベーションを維持するためにもっとも重要なことは将来像を明確にすることです。

転職しようと決意したときには、理由が必ずあったはずです。転職してどうなりたいのか将来像を明確にしましょう。

目標と現実にしたいことは、できるだけ詳しく具体的に設定した方が良いので、紙に書き出すのもおすすめです。

目指す業界の関連するコンテンツを見る

目指す業界や企業がある場合は、関連するコンテンツを見てモチベーションを保ちましょう。

自分が目指したい業界が今何を求めているのか、どういう状況なのか、情報は常に新しい情報をインプットしておきます。

希望する企業や業界の最新トレンドを把握しておくことで、自分のモチベーションを維持できるだけでなく、面接時など企業と関わる時にも役立つでしょう。

新たな範囲に目を向ける

転職活動が上手くいかない場合は、新たな範囲に目を向けてみても良いかもしれません。

転職エージェントに相談をしてみたり、適正診断を受けてみたりすると新たな業界や職種の求人に出会える可能性もあります。

希望する業界が決まっていたとしても、少し視点を変えることで自分の今の立ち位置が見えてくることもあります。

新たな範囲に目を向ける柔軟性を持っておくことも大事です。

信頼できる人に相談する

信頼できる人に相談をしてみましょう。

転職活動をしていることを話せる人は限られてきます。しかし、1人で抱え込んでしまうのは良くありません。

しんどいなと感じるときは、信頼できる人に相談しながら転職活動を進めることをおすすめします。

時には休む

転職活動中でも、モチベーションを保つために時には休むことも必要です。

仕事と転職活動ばかりになって疲れてしまわないように、時には思い切って休んでみることも良いでしょう。

メリハリをつけることで、転職活動にも良いリズムが生まれるでしょう。

転職活動中にモチベーションが下がる原因

転職活動中にモチベーションが下がる原因

 転職活動中にモチベーションが下がる原因は以下の4つが挙げられます。

慣れない転職活動に疲れる

慣れない転職活動に疲れてしまうことが、モチベーションが下がる原因のひとつです。

転職活動は仕事をしながら並行して行う方が多く、求人検索や書類準備、面接対策などやらなければいけないことが増え、疲れがたまってしまう傾向にあります。

自信がなくなる

なかなか内定が取れない状態が続くと、自信をなくなりモチベーションが下がってしまうことがあります。

選考が思うように進まないと自分にはスキルがないのではないかと落ち込んでしまうことも考えられるでしょう。

相談相手がいない

転職活動は相談できる相手も限られるため、どうしても孤独を感じやすくなります。

相談できる相手がいないことで、不安に耐えられずモチベーションが下がる原因にもなります。

転職活動中のモチベーションを上げる方法

転職活動中のモチベーションを上げる方法

 転職活動中にもし、モチベーションが下がってしまった場合、モチベーションを上げるためにできることがあります。

自分に合う方法があればぜひ試してみて下さい。

モチベーションは誰でも下がってしまうものだと思う

モチベーションの低下は誰にでも起こり得るものです。

転職転職先が決まらないことに焦ったり不安に思ったりしてしまうのは自然なことです。

モチベーションの低下は誰にでも起こり得ることだと認識するだけで、少し気持ちが楽になります。

ポジティブ思考で「やる気」を出す

モチベーションが下がってくる時ほど、ポジティブ思考でやる気を出していきましょう。

ポジティブに物事を考えられないときは、まずはポジティブな言葉を言うようにしましょう。

ポジティブな言葉を発すると、自然と気持ちも前向きになれるため、ポジティブな言葉を使うことは大事です。

転職を決意した理由を思い出す

転職を決意した1番の理由を思い出してみましょう。

モチベーションが下がってしまったときこそ、なぜ転職したいと思ったのかその理由を思い出してみます。

転職が最善の策である場合は、モチベーションが上がってくるはずです。

転職活動の振り返りを行う

転職活動中にはこれまでの活動を振り返ることも大切です。

転職活動をして上手く行かない場合、自分自身で改善できる点もあるはずです。

これまでの転職活動から振り返りを行い、自分の改善点やこれからのアクションプランを具体的に設定して見ましょう。

アクションを起こし続ける

常にアクションを起こし続けることもモチベーションを上げる方法の一つです。

「5分だけ求人を見てみよう」「1社応募しよう」など自分の中にスモールゴールを設定し、アクションを起こし続けると不思議とモチベーションが上昇してきます。

モチベーションが下がってしまったときこそ、継続が必要です。

IT業界の求人なら社内SE転職ナビ

IT業界の求人なら社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビは、3,300社以上の案件を抱えており、IT業界での転職を考えている方におすすめです。現在はIT業界の裾野が広がっているため、自身にあったキャリアパスを選択することができます。

また、社内SE転職ナビにはIT業界を知り尽くしたコンサルタントが在籍しているため、希望条件や万が一のリスクに備えたサポートも充実しています。

キャリアに関する悩みなど親身になって相談に乗りますので、お気軽に無料会員登録してみてください。

社内SE転職ナビが選ばれる5つの特徴》

提案社内SE求人 平均25.6社
保有求人10,000件以上
入社後の定着率96.5%
業界TOPクラスの社内SE求人保有
IT業界に詳しいコンサルタントと面談
内定率がグッと上がる職歴添削、面接対策が好評

まとめ

転職を成功するにはモチベーションを保つことが非常に重要です。

転職活動は孤独な戦いになりがちなので、不安に思うことも多いでしょう。

しかし、たとえ転職活動が上手くいかなくても、転職活動を続けていれば必ず終わりは来ます。

企業との相性もあるため、内定が取れない時期が続いてもあまり気にせず前向きな気持ちで転職活動をしていきましょう。

信頼できるエージェントを見つけて相談できる環境を作っておくことも大切です。

自分を大切にしてモチベーションを維持しながら、転職活動を成功させてくださいね。

面接に落ちすぎてつらい(転職活動中)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事の目次
閉じる