面接時に企業が人物面でみているポイントとは

面接時に企業が人物面でみているポイントとは

転職活動をしていると求人情報に「人物重視」と書かれている場合があります。企業から人物面でどんなことを見られているのか気になりますよね。

実際に書類選考や面接ではどの企業も人物面を重視する傾向があるようです。転職を成功させるためには求められることを分析した後の対策が重要です。

そこで今回は企業が人物面で見ているポイントを徹底解説します。

社内SEの転職を検討しているなら、案件数業界トップの「社内SE転職ナビ」がおすすめです。保有案件は10,000件以上の中から、IT業界に詳しいエージェントが面談を通して、幅広い職種から自分に合った求人をご紹介。入社後の定着率も96.5%とマッチングには自信があります。社内SEへの転職に興味がある方は、ぜひ1度ご相談ください。

この記事の目次

企業が面接のとき人物面でみているポイント

企業が面接のときに人物面でみているポイントを紹介します。企業は求職者に対して、経験やスキルを求める一方で、社風に合うかどうかの「人柄」の部分をみています。

「決められた仕事を遂行する」人材よりも「自ら行動できる」人材を求める傾向があります。どんなポイントをみているのか下記の3つを詳しく説明します。

  • 自ら考えられる積極性
  • 思考や行動の柔軟性
  • 外に向けられる外向性

自ら考えられる積極性

自ら考えられる積極性があるかどうか見られています。

例えば目標に向かって周りを巻き込む力や、指示された事ばかりではなく自ら手をあげる力は企業にとってとても助かる部分です。

社員を巻き込み、みんなのエネルギー源になってもらえることが期待されるからです。また、積極性は目標達成するために何をやるべきか考える力も期待させられます。

積極性をアピールすることは大切です。

思考や行動の柔軟性

思考や行動の柔軟性があることで、社会構造やマーケットの変化のスピードについていけるかどうかが期待されるため企業が人物面でみているポイントになります。

今までのやり方に固執している、決められた業務しかやりたくないという方よりも、常にアップデートできる人材が求められます。

仕事をする上の、部署異動で人間関係が変わったり、担う役割が全く変わることもよくあります。そんなときに対応できる柔軟性を企業は求めているので見られるポイントです。

外に目を向けられる外向性

グローバル展開や他の領域へのビジネス展開に重要な外向性も重視されます。

外向性が高い人は人との関わりが得意で他者との仕事をする機会を増やすことができるため、企業が求める人材です。
常にアンテナを張り、外へ目を向ける力がある外向性があるかどうかも面接時にみられるポイントです。

外向性がある人は、新しいマーケットやビジネスの広がりの可能性に貢献できる力があるので重宝されます。

企業が人物面をみている理由

企業がなぜ人物面をみているのかというと、スキルや経験があっても社風と合わなければ社員ともうまくいかないと考えるからです。

企業は採用コストがかかるため、いい人材には会社に長く定着して欲しいと考えます。

そのためには、社風と相性が合わなければいけないため、人物面を重要視する企業が少なくありません。また募集するポジションによっても合う人物を探します。

同じチームで社員と相性がいいか、刺激しあえるタイプかどうかをみるときも人物面を重視します。または社内に新風を吹き込みたいときも、そこにマッチした人材を探します。

重要なのは企業が求める人材にマッチしているかどうかです。

選考でチェックされるポイント

面接の選考ではチェックされるポイントは、書類上ではわからない部分が判断基準としてみられます。

特に以下の3つを面接で判断されます。それぞれ詳しく説明します。

  • 第一印象をみている
  • 面接時の受け答えの仕方
  • 服装などの身だしなみ

第一印象をみている

第一印象はどの業種や企業でも大切なポイントです。面接官が受ける印象は、採用後に社員や社外のクライアントが受ける印象と同じと捉えられているからです。

企業は取引先に不快な思いをさせたくないため、第一印象をチェックします。

誰もが面接の第一印象はよく見せたいと思うものだと捉えているのに、第一印象がよくないようにして面接に挑むのは、企業に対する志望率が低いと思われたり準備不足と思われたりするので注意しましょう。

面接時の受け答えの仕方

面接時の受け答えの仕方は、会話の基本的なスキルです。コミュニュケーション力に直結しているため選考でチェックされるポイントです。

敬語や言葉使いはもちろんのこと、相手の話を聞いているか聞かれたことに明確に答えているかをみられています。

普段はできていても、面接になると言うべきことがまとまらないことがあります。面接時には落ち着いて相手の話を聞いて意図をくみとり、適切な受け答えをしましょう。話すときの姿勢や表情も気をつけましょう。

服装などの身だしなみ

服装などの身だしなみもみられます。

スーツ・シャツ・靴・カバンにシワや汚れがないかどうか、髪型は清潔感があり整っているかをみられます。
男性はネクタイにもシワや汚れがないか気をつけましょう。女性はナチュラルメイクを意識して、爪先まで気をつけましょう。

シワや汚れがあるだけで、仕事ができなそうと思われたり、面接で綺麗にしないということは仕事も雑なのだろうと思われたりします。香水も良い印象を与えないので付けない方が無難です。

選考に落ちてしまう理由

選考に落ちてしまう理由

求人に人物重視と書かれている場合は面接が行われると思う方もいるでしょう。しかし、人物面がみられるからといって必ず面接が行われることではありません。

書類選考で落ちることもあります。人物重視の求人の選考で落ちてしまう理由を解決策も含めて解説します。

● 企業が求めるスキルや経験がない
● 応募書類から人柄が感じられない
● 社風とマッチしない

企業が求めるスキルや経験がない

人物重視が重要視される企業でも、必ずしも面接が受けられることではなく、企業が求める最低限のスキルや経験がないと選考に落ちてしまいます。

特に応募者が多数の場合は、企業が求めるスキルや経験を多く持つ人を優先し面接へと進めます。

企業が求めるスキルや経験を把握するにも企業分析が重要です。応募する企業が求めるスキルと経験が自分にあるかどうかを確認しておきましょう。

応募書類から人柄が感じられない

応募書類から人柄が感じられないと書類選考で落ちてしまいます。自己PRが薄かったり、強みやアピールがなかったりすると熱意や人柄が伝わらないでしょう。

企業側が自社で活躍してくれそうなイメージが湧きにくくなります。
自己分析をして「これが好き」「こういうことが得意」といった自分の強みを見つけ、それを裏付けるエピソードを書きましょう。

企業側が求める人柄を分析して、自分に合うエピソードを探します。
コミュニュケーション力が求められていたら、取引先とのエピソードを書きます。

チャレンジ精神が求められていたら、新規プロジェクトの立ち上げのエピソードなどがあるとイメージされやすいでしょう。

社風とマッチしない

企業が人物面をみているからといって、自己PRばかりしていても社風とマッチしなければ意味がありません。

社風を理解していないと、志望意識が薄いと思われたり準備不足と思われたりします。また、社風とマッチしない人材を採用しても、職場に馴染めない可能性があります。

そうなると企業は、求職者が入社しても疎外感を感じ、いずれやめてしまうのではないかと心配です。企業は採用コストがかかるので、採用した人材にはなるべく長く働いて欲しいと思っています。

そのため社風にマッチする人材を採用したいと思っているので、採用されるためには社風を理解しなければいけません。

内定をもらいやすくするコツ

企業が人物面で見るポイントを理解すると、内定がもらいやすくなるコツがわかります。下記の4つのコツを理解して希望の企業の内定をもらえるようにしましょう。

  • 企業分析で応募先が求める人物像を把握する
  • 応募先が求めるスキルや経験を言語化しておく
  • 身だしなみを整える
  • 面接官の目を見て話す

企業分析で応募先が求める人物像を把握する

内定をもらいやすくするためには、企業分析で応募先が求める人物像を把握することが大切です。同業種でも企業ごとに求める人物像は異なります。

それぞれの企業が大事にしている価値観が違うので、企業分析して理解する必要があります。分析するには、採用ページの募集要項や社員紹介ページ、企業のホームページなどがおすすめです。

募集したい企業が、今どういったことを求めていて、自分のどの部分とマッチするのかを探しましょう。
企業理念や代表の想いに共感できるかどうかもポイントになります。

応募先が求めるスキルや経験を言語化しておく

応募先が求めるスキルや経験を言語化しておく必要があります。企業分析と自己分析で企業にマッチするポイントが見つかっても、応募先の企業に伝わらなければ意味がありません。

マッチしていることが伝わるように、過去のエピソードを整理して、人物像が伝わるように言語化しましょう。

例えば、応募する企業が「コミュニュケーション力がある人材」を求めている場合は「システム開発でリーダーを務めた際に、チームで確認できるシートを作成しトラブル内容や回避方法を共有できるようにしました。

またプロジェクト内の役割分担や意思疎通を確認し、開発の遅れをカバーして納品の遅れがなくなりました」というように、エピソードをわかりやすく伝わりやすいように工夫しましょう。

直近は、ジョブ型雇用の波が来ており、専門性を求められだしました。
企業が求めている要件に自分の強みを強くPRする必要があります。

身だしなみを整える

面接時の身だしなみを整えましょう。面接時は最初に目に入る第一印象を大切にしている企業は少なくありません。

第一印象は清潔感第一で好印象を与えましょう。第一印象に気を使っていることで、志望率が高く意欲があると思われます。
シャツやスーツ、ネクタイはクリーニングに出して整えましょう。

靴やカバンは磨き、糸のほつれがないか隅々まで気にする必要があります。香水は良い印象を与えないので、付けない方が無難です。

面接官の目を見て話す

面接中は、面接官の目を見て話すことを心がけましょう。目を見て話すことで、自信があるように見え熱意が伝わりやすいです。

緊張して目をそらしたくなることもあるかもしれませんが、目を見ないと自信がないと思われてしまいます。

どんな話しをしても目を見ないと、いい印象が与えられないでしょう。面接中は、にこやかな表情で正々堂々としながら面接官の目を見て話しましょう。

緊張してしまう方は面接対策で何度も練習して本番に備えましょう。

IT業界の求人なら社内SE転職ナビ

IT業界の求人なら社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビは、3,300社以上の案件を抱えており、IT業界での転職を考えている方におすすめです。現在はIT業界の裾野が広がっているため、自身にあったキャリアパスを選択することができます。

また、社内SE転職ナビにはIT業界を知り尽くしたコンサルタントが在籍しているため、希望条件や万が一のリスクに備えたサポートも充実しています。

キャリアに関する悩みなど親身になって相談に乗りますので、お気軽に無料会員登録してみてください。

社内SE転職ナビが選ばれる5つの特徴》

提案社内SE求人 平均25.6社
保有求人10,000件以上
入社後の定着率96.5%
業界TOPクラスの社内SE求人保有
IT業界に詳しいコンサルタントと面談
内定率がグッと上がる職歴添削、面接対策が好評

まとめ

企業が人物面で見ているポイントはいくつかありましたが、一貫していることは応募する企業に合うかどうかでした。

企業に合うかどうかは企業分析と自己分析をしっかりと行い、企業にマッチするポイントを掴んでおくことが重要です。

企業が求めるスキルや経験を言語化することで、希望の転職を成功させましょう。

面接時に企業が人物面でみているポイントとは

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事の目次
閉じる