UIデザイナーとは?UXデザイナーとの違いや仕事内容、年収、必要なスキルを解説

UIデザイナーとは?UXデザイナーとの違いや仕事内容、年収、必要なスキルを解説

「UIデザイナーってどんな仕事をしているの?」「UIとUXってよく聞くけど、どのような違いがあるの?」

近年、需要の高まりとともにUIデザイナーやUXデザイナーを目指す人が増加しています。

この記事では「UIデザイナー・UXデザイナーの仕事内容」「UIデザイナーやUXデザイナーとWebデザイナーの違い」「必要なスキルや持っておくと有利な資格」などについて解説していきます。

ITエンジニア転職なら社内SE転職ナビ

社内SEの転職を検討しているなら、案件数業界トップの「社内SE転職ナビ」がおすすめです。保有案件は10,000件以上の中から、IT業界に詳しいエージェントが面談を通して、幅広い職種から自分に合った求人をご紹介。入社後の定着率も96.5%とマッチングには自信があります。社内SEへの転職に興味がある方は、ぜひ1度ご相談ください。

この記事の目次

UIデザイナーとは?

UIデザイナーとは?

Iデザイナーとは、 Webサイトやアプリの画面などのユーザーが直接触れる部分である、UI(User Interface)の設計を行う職種のことです。

ユーザーが直感的に操作できるように、見出しやコンテンツ、画像などのレイアウトやフォントの選定、配色などを考慮してデザインを行います。また、ユーザーが効率よく欲しい情報に辿り着けるように、画面の動きや視線の動きも工夫して設計を行います。

UIデザイナーは、このようなユーザーのニーズや行動パターンを調査・分析して画面のデザインを行うことで、ユーザーの満足度を高め、サービスの利用促進に繋げます。

UXデザイナーとは?

UXデザイナーとは?

UXデザイナーとは、ユーザーがWebサイトやアプリなどの製品やサービスを利用する際に得られる体験であるUX(User Experience)を設計する職種のことです。

具体的には、ユーザーの視点に立ち、製品やサービスの使いやすさや魅力を高めるデザインを行います。ユーザーのニーズや行動パターンを調査・分析し、ウェブサイトやアプリケーションなどのサービスをストレスなく利用できるようにすることが求められます。

つまりUXデザイナーは、ユーザーがWebサイトやアプリを使っている際に感じる「使いやすさ / 使いにくさ」「楽しさ / 不満」「心地よさ / 不快感」など、感情に関わる部分の設計を担当します。

UIデザイナーやUXデザイナーとWebデザイナーとの違い

UIデザイナーやUXデザイナーとWebデザイナーとの違い

UIデザイナー、UXデザイナー、Webデザイナーは、いずれもWebサイトやアプリのデザインに関わる職種ですが、それぞれの役割や視点が異なります。

具体的には、UIデザイナーは画面の見た目や操作性に、UXデザイナーはユーザーの体験に、Webデザイナーは全体的なレイアウトや配色のデザインに、それぞれ重点を置いています。

どの職種もWebサイトやアプリの品質を高めるために重要な役割を担っています。

UIデザイナー・UXデザイナーの主な仕事内容

UIデザイナー・UXデザイナーの主な仕事内容

UIはUXの一部分であるため、UIデザイナーよりUXデザイナーの方が業務の幅が広くなります。ここからはUIデザイナーとUXデザイナーの主な仕事内容について解説していきます。

UIデザイナーの仕事内容

UIデザイナーの仕事内容は、画面の見た目や操作性にこだわり「見やすく、使いやすい」デザインを行うことです。具体的な仕事内容は以下の通りです。

・ボタンやアイコンなどのUI要素のデザイン
・画面のレイアウトや導線の設計
・配色やフォントなどの視覚的な要素の設計

例えばECサイトのUIデザインを行う場合、UIデザイナーは以下のポイントに重点を置き、画面のデザインの設計と修正を繰り返します。

画面のレイアウト商品一覧や商品詳細、カート、購入完了などの画面をどのように配置するか
導線ユーザーが商品を検索して購入するまでの流れをどのように設計するか
視覚的な要素配色やフォントなどをどのようにデザインするか

UIデザイナーは、ITを活用したマーケティングを成功させるために、ユーザーの視点に立ち、使いやすいデザインを設計するという重要な役割を担っています。企業がITを活用したマーケティングに注力する中、UIデザイナーの需要は今後も拡大していくことが考えられます。

UXデザイナーの仕事内容

UXデザイナーの仕事内容は、「使って楽しい、心地いい」と感じてもらえるようなユーザーの体験を設計することです。具体的な仕事内容は以下の通りです。

・ユーザーのニーズや行動パターンの調査・分析
・使いやすい操作性の設計
・わかりやすい情報設計の設計
・魅力的なデザインの設計

例えばECサイトのUXデザインを行う場合、UXデザイナーは「ユーザーがどのような商品を探しているのか」「どのような購入プロセスを望んでいるのか」を調査・分析し設計を行います。

操作性ユーザーが誤操作を起こさないように、ボタンやリンクの配置をわかりやすく配置する
情報設計商品カテゴリや検索機能をわかりやすく設計し、ユーザーが探している商品を簡単に見つけられるようにする
魅力的なデザイントップページや商品ページなど、ユーザーが画面に引き込まれるようなデザインにする

このようにUXデザイナーは、UXに関する知識や経験、UXをデザインに落とし込むスキルなど専門性の高い職種となっています。

UIデザイナー・UXデザイナーの年収

UIデザイナー・UXデザイナーの年収

UIデザイナー・UXデザイナーの平均年収は約600万円程が相場となり、月額に換算すると約50万円です。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、デザイナーの平均年収は約430万円となっています。つまり、UIデザイナー・UXデザイナーは、他のデザイナー職に比べて年収が高くなっていることがわかります。給与幅は約300万円から1,000万円となっていて、企業やサービスの規模、求められるスキルにより年収が大きく異なります。

また、フリーランスの案件ならば、報酬が高めに設定されていることが多くなっています。具体的には、WebサイトやアプリのUI・UXデザインができるスキルを持っている場合、月50万円以上の案件も存在します。

UIデザイナー・UXデザイナーに必要なスキル

UIデザイナー・UXデザイナーに必要なスキル

ここからは具体的に、UIデザイナー・UXデザイナーに必要なスキルについて以下の5項目から解説していきます。

・コミュニケーションスキル
・プレゼンテーションスキル
・デザインに関する知識
・SEOやマーケティングの知識
・分析能力

コミュニケーションスキル

UIデザイナー・UXデザイナーは共に社内の人だけでなく、クライアントなど外部の人とも接する機会が多くあります。

例えば、Webサイトやアプリの画面を設計する際に、「クライアントが本当に望んでいる画面はどのようなものか」「デザイナーが理解したデザインとクライアントの認識に齟齬がないか」といった意思疎通が取れなければ、どれだけ素晴らしいデザインをしても意味がありません。

デザイナーだけでなくどのような職種でもコミュニケーションスキルは大切となります。

プレゼンテーションスキル

プレゼンテーションスキルもUIデザイナー・UXデザイナーには必要なスキルとなります。

近年、多くの企業がITを活用したマーケティングにおけるデザインの重要性を認識するようになりました。その結果、デザイナーがクライアントに対し自らデザインの意図を説明するプレゼンテーションスキルが求められています。

制作したデザインによってどのようなユーザー体験があるのか、自分の考えを的確にクライアントに伝えられる言語化能力がある、より信頼関係を築きやすくなります。

デザインに関する知識

UIデザイナー・UXデザイナーには、デザインに関する知識も求められます。

デザインに関する知識とは具体的に、

・デザインの基本4大原則
・カーニング
・色の配色比率
・トンマナ

などのことです。

また、「Adobe XD」「Adobe Photoshop」「Figma」などデザインツールを使いこなせるスキルも求められることも多いです。クライアントとコミュニケーションを取る際には、最低限デザインに関する知識やスキルがある方が好ましいでしょう。

SEOやマーケティングの知識

SEOとは「検索エンジン最適化(Search EngineOptimization)」の略称のことです。UIデザイナー・UXデザイナーはSEO対策として離脱率が低くなるよう、コンテンツを読みやすくしたり、導線を分かりやすくする必要があります。

また、ペルソナに沿ってデザインを行ったり、競合他社のデザインの調査・分析、A/Bテストで最も効果的なデザインを選択するなど、マーケティングの知識もUIデザイナー・UXデザイナーには求められます。

分析能力

UIデザイナー・UXデザイナーは、ユーザーのニーズを理解し、より良いユーザー体験を実現するためにさまざまなデータを分析する必要があります。そのため、データの収集・分析スキルは、UIデザイナー・UXデザイナーにとって欠かせないスキルのひとつでうs。

また、データ分析によりユーザーの行動や心理を理解することで、ユーザーの満足度やコンバージョン率を向上させることも可能となります。

UIデザイナー・UXデザイナーにあると有利な資格

UIデザイナー・UXデザイナーにあると有利な資格

ここからは、UIデザイナー・UXデザイナーが持っていると有利になる下記の資格について解説していきます。

  • ウェブデザイン技能検定
  • 基本情報技術者試験
  • アドビ認定プロフェッショナル
  • Webクリエイター能力認定試験

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定とは、特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が実施する、ウェブデザインに関する知識・技能・実務能力を証明する国家資格です。

試験は、学科試験と実技試験で構成されており、学科試験ではウェブデザインに関する基礎知識や応用知識が、実技試験ではウェブサイトの設計・制作・運用に関する実務能力が問われます。

ウェブデザイン技能検定に合格するには、ウェブデザインの知識やスキルを体系的に身につけることが必要となります。ウェブデザイン技能検定の勉強をすることで、未経験者でもウェブデザインのスキルを効率的に取得できます。

また、ウェブデザイン技能検定の2級以上を取得していれば、Web業界への就職・転職に有利に働く可能性が高いと言えます。

ウェブデザイン技能検定

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験とは、情報処理推進機構(IPA)が実施する、ITエンジニアの登竜門とも呼ばれる国家試験です。システムの企画・設計・開発・運用に携わるITエンジニアに必要な、ITに関する基礎的な知識と技能を問う試験となっています。

UIデザイナー・UXデザイナーが基本情報技術者試験に合格していると、UI・UXを設計する際にどのような仕組みで動作するのか、エンジニアが実装しやすいデザインの設計とは何か、ミーティングの際に円滑にエンジニアとコミュニケーションが取れるなどメリットは数多くあります。

また、基本情報技術者試験に合格することで、IT業界における就職・転職に有利になるだけでなく、企業内においてもキャリアアップしやすくなります。

基本情報技術者試験

アドビ認定プロフェッショナル

アドビ認定プロフェッショナルとは、アドビが公認する国際認定資格のことです。下記のAdobeソフトウェアの基本的な利用スキルが問われます。

  • Illustrator
  • Photoshop
  • Premiere Pro

UIデザイナー・UXデザイナーはデザインツールのスキルが必須ではありませんが、求人の多くに「IllustratorやPhotoshopの利用経験があること」といった記載が見受けられるため、取得しておいて損はありません。

アドビ認定プロフェッショナルは教材や参考書が充実しているため、普段からAdobeソフトウェアを利用している方でも、初めてAdobeソフトウェアを触る方でも取得しやすい資格となっています。

アドビ認定プロフェッショナル

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験とは、サーティファイ認定試験事務局が実施する、Webクリエイターとしての基礎知識とスキルを証明する試験のことです。

エキスパート(上級)とスタンダード(初級)の2種類があり、メインはWebサイトの設計・制作・運用に関する実技試験となっています。また、エキスパートのみ、Webサイトの基礎知識に関する知識問題が出題されます。

Webクリエイター能力認定試験の取得には、Webサイトのデザインやコーディングに関する基礎知識とスキルを身につけることが必要となります。そのため、UIデザイナーやUXデザイナー、Webエンジニアを目指す人にとって、スキルアップや就職・転職に役立つ資格と言えるでしょう。

Webクリエイター能力認定試験

未経験でUIデザイナー・UXデザイナーになるには?

未経験でUIデザイナー・UXデザイナーになるには?

UIデザイナー・UXデザイナーは需要が高まっている職種である一方、即戦力が求められているため、未経験からUIデザイナー・UXデザイナーになる難易度は非常に高くなっています。

そのため、下記のような職種を経験してからUIデザイナー・UXデザイナーを目指すことをお勧めします。

・Webデザイナー

要件定義やニーズ分析のスキル、コミュニケーション能力を磨くことで、Webデザイナーからのキャリアチェンジがしやすくなります。

・コンサルタントやプロジェクトマネージャー

クライアントのニーズを理解する能力やマネジメントスキルを身につけることで、キャリアチェンジがしやすくなります。

UIデザイナーやUXデザイナーのキャリア

UIデザイナーやUXデザイナーのキャリア

UIデザイナーやUXデザイナーは、IT業界の中でも特に需要が高まっている職種です。そのため、キャリアアップの機会も豊富にあります。

具体的に、UIデザイナーやUXデザイナーのキャリアパスとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • シニアデザイナーになる
  • デザインチームのマネージャーやディレクターなどになる
  • 独立してフリーランスになる

UIデザイナーやUXデザイナーは、常に移り変わるトレンドに対応できるよう、アンテナを張り続ける必要があります。キャリアアップを目指して、日々の仕事でスキルを磨き、新しいことにチャレンジし続けることがモチベーションが大切となります。

UIデザイナーの求人なら社内SE転職ナビ

UIデザイナーの求人なら社内SE転職ナビ

UIデザイナーになるためには、デザインツールのスキルや最低限のデザインに関する知識を求められます。もし、スキルや実務経験が浅い場合、UIデザイナーになることは難しいかもしれません。

しかし、社内SEの転職に特化した転職サイトの社内SE転職ナビならば、UIデザイナーの求人も豊富に掲載されており、未経験からでも挑戦できる求人が見つかります。

また、社内SE転職ナビは、UIデザイナーの求人はもちろん、他にもさまざまな職種の求人を掲載しています。転職活動を検討している方は、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

社内SE転職ナビが選ばれる5つの特徴》

提案社内SE求人 平均25.6社
保有求人10,000件以上
入社後の定着率96.5%
業界TOPクラスの社内SE求人保有
IT業界に詳しいコンサルタントと面談
内定率がグッと上がる職歴添削、面接対策が好評

まとめ


UIデザイナー・UXデザイナーの仕事は、ユーザーがWebサイトやアプリを利用する際に、快適で使いやすい体験を提供することです。そのためには、デザインスキルやユーザー心理の理解だけでなく、プログラミングやマーケティングなどのスキルも求められます。

また、UIデザイナー・UXデザイナーは、年々需要が高まっている職種です。しかし、需要が高まる一方で、必要なスキルや経験のハードルも高まっています。

未経験からUIデザイナー・UXデザイナーを目指す場合、まずは基礎知識やスキルを身につけることが大切です。

UIデザイナーとは?UXデザイナーとの違いや仕事内容、年収、必要なスキルを解説

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事の目次
閉じる